だれかが見ている

おそらく赤字のマイナー漫画雑誌「月刊スピリッツ」7月号から。
大好きな漫画「たそがれメモランダム」より。
女子高生の高取エリは国語古典教師の黒木先生が好きである。
エリは同級生の浜野くんが自分のことを好きなことに気づいていない。
浜野くんはクイズが大好きな秀才系男子。
ある日、路面電車でエリは浜野くんと会う。エリは言う。

高取エリ「…浜野くん、なんか変わったよね」
浜野くん「そうか?」
高取エリ「うん、この1年くらいで」
浜野くん「――」
高取エリ「(あ、そうだ)」
浜野くん「――」
高取エリ「(きっと好きな人ができたからだ)」
浜野くん「じゃあ、高取さんのせいかも」
アナウンス「袋町――袋町――停車します」
高取エリ「あ!(浜野くんの思いに気づく)」
浜野くん「(???)」
高取エリ「私はここで!(と下りる駅ではないところで下車)」
浜野くん「え、うん。じゃあ」
アナウンス「発車します。ご注意……」
高取エリ「…どうしよう(見つけたのは、うろたえて逃げた自分)」

次回は最終回の模様。いったいどんな結末をむかえるのか。
だれかが見ている。きっとだれかが見ている。

COMMENT

東方不敗 URL @
06/05 23:04
Yonda?さんへ. 石黒先生の「それでも町は廻っている」って漫画知ってます?オススメです。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4147-a5d7130c