「金剛頂経」

「金剛頂経」(中野義照・松長有慶編訳/「仏教聖典」平楽寺書店)

→これも密教経典である。秘密の教えってやつだな。
みんなが知らない秘密の真実ってやつを公開しちゃおう。おれ今日死ぬかもなあ。
書いてやる。いままで秘密にされていた真実はオームだ。オーム。
オームはどういう意味かって? それは自分で考えろよ。
まあいちばん適当な日本語は「絶対わからない」かもしれない。
だから、秘密の真実はオームなんだよ。
どうしてもなにもオームだからオームなんだよ。
オームはどういう意味かってそれがわかったら秘密の真実じゃなくなっちゃうだろ?
とにかくオームとしか言えないな。あとは自分で気づくしかない。
この世の真実はオームだ。

「そのとき一切如来の虚空界に集まった一切如来の身語心の金剛界という
絶対(金剛界の大日如来)が、
相対的な衆生の身語心のなかに入りこんだ」(P1162)


「絶対にこれは真実だ!」とあなたが心のなかで思ったことが絶対の真実である。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4142-fc00f3a5