「ジャータカ物語」

「ジャータカ物語」(干潟竜祥編訳/「仏教聖典」平楽寺書店)

→ジャータカは釈迦の前世譚(過去世の物語)のことで、
以前に詳細な紹介記事を書いたことがあるので、今回はヨタ話でお茶をにごそう。
何度も繰り返しブログに書いてきたことだから
古くからの読者さまはまたかと思われるかもしれないけれど、
わたしにはおかしな夢(目標)のようなものがあるのである。
元旦に今年の目標としてこれを書いた年もあったような気がする。
駅のホームから線路に小さな子どもが落ちてしまった。そこに電車がやってくる。
さっと線路に飛び降り子どもを助け、自分は身代わりになって死にたいのである。
自殺は周囲の人へ深い傷を遺してしまうからよくないといまのところは思っている。
しかし、この死に方ならばだれにもダメージを与えない。
ダメージどころか子どもとその親からは一生感謝されることだろう。
本当は自殺なのだが自殺のように見えず周囲のものも誇らしく思うことだろう。
自分はうまうまと死ぬことができ、そうとは知られず周囲からは感謝や称賛をされ、
こんなにいい人生の幕引きがほかにあろうとはとても思えない。
自殺にはマイナスイメージがつきまとうが、この自殺だけはプラスに見られる。
この自殺を作家の井上ひさしは自殺他生と言っていた記憶がある。
自殺他生――自分を殺すことで他人を生かす。

ジャータカによると釈迦は過去世で何度もこの自殺他生をやったことになっている。
そのおかげであるときインドで釈迦として生まれてきたという理屈の模様。
ウサギが飢えた修行者のためにみずから炎のなかに飛び込み食べられたとか。
王さまが空腹のタカのためにみずからの肉体を食物として差し出したとか。
布施をするのが好きな王さまが自分のあたまを欲するもののために、
わざわざ自分から首を切りやすいように木に縄をくくりつけ、あれをしたとか。
そういう自殺他生を過去世で数限りなく繰り返したから、
釈迦は釈迦として生まれ菩提樹の下で悟りブッダ(目覚めた人)になることができた。
まあ、いかに釈迦が偉いかということを証明したいがための物語だろう。

そしてそして、いまわたしが思うのは、
どうして自分は釈迦とおなじような自殺他生をしたいのだろうかという疑問。
というのも、わたしは自殺他生を善行だとはまったく思っていない。
うまみのあるじつにおいしい死に方だなあ、くらいの認識である。
生きている理由というものがない。
おまえは釈迦モドキかって話だが、世間的な煩悩(ぼんのう/欲望)が消えてしまった。
一流のグルメを味わいたいという欲望も、
ブランド物の衣服を身にまといたいという欲望もない。
本を読むのは楽しいけれど、
もう一般社会人の生涯読書限界冊数をはるかに超えているから未練はそれほどない。
ここまで権威筋から相手にされないと承認欲求も、まあどうでもよくなる。
男女ともに人間には期待しなくなったから希望も絶望もない。
いま生きている理由って、バイトでシフトに入っているからくらいじゃないかなあ。
そのバイト先でも善人とは程遠く、
きついところにまわされたら不満顔をして周囲に不快感を与えている。
職場ではガンのような存在と言ってもよく、これは自虐ではなく真実に近いと思う。

布施なんかまったく関心外で、いつかの大地震のときも一銭も寄付金を出さなかった。
自分のことしか考えない人間である。
いや、そうでもないのかなあ。
いまのバイト先には職場以外で逢ってみたいと思う男女が幾人かいる。
しかし、それは自分の好奇心のためだから、やはりわたしは自分のことしか考えていない。
不眠症であるわたしのいちばんの欲望は眠ることである。
酒のちからを借りてせっかく眠れてもすぐに目覚めてしまうのがいやでしようがない。
永遠に眠れたらどんなにいいことか。
永遠の眠りであるところの死にあこがれるのはこのためだろう。
死にたい。しかし、自殺はマイナスイメージが強い。
このため釈迦が過去世でしたような自殺他生を真似したくてしようがない。
釈迦って本当に聖人君子の善人だったのかなあ。
めちゃくちゃ壊れた人間ゆえ、そのために毒を以て毒を制すの理論で
他人を癒した人だった可能性もあるような気がする。
えへっ、この記事はお酒をのみながら書きました。
いま酔っぱらっているからちょー楽しい。死ぬなんてバカだよねえ。
先日血液検査をしてもらったら、まだ肝臓は大丈夫みたい。死ぬのって難しいなあ。

(参考記事)
「本生経(ジャータカ)」(平川彰訳/「原始仏典」筑摩書房)

COMMENT

東方不敗 URL @
05/16 23:11
色道大鏡. >おまえは釈迦モドキかって話だが、世間的な煩悩(ぼんのう/欲望)が消えてしまった。
一流のグルメを味わいたいという欲望も、
ブランド物の衣服を身にまといたいという欲望もない。

Yondaさんはソープ行かないの?
ずっと難しいこと考えると疲れちゃうよ。
気楽に行こうぜ!

女の子は本当に菩薩様だよ!
Yonda? URL @
05/17 10:31
東方不敗さんへ. 

> 気楽に行こうぜ!

人生を気楽に考えていなかったら、いい歳をしたおっさんがたかだか時給850円では働けないと思いますが?
東方不敗 URL @
05/17 13:35
Yonda?さんへ. >人生を気楽に考えていなかったら、いい歳をしたおっさんがたかだか時給850円では働けないと思いますが?

煩悩が本当に消えたのか確かめただけです。
Yonda? URL @
05/17 23:03
東方不敗さんへ. 

煩悩は燃え盛るばかりですね。
あいつが憎いとか恨めしいとか、そっち系はまったくもうメラメラで。

それにしても、それにしても。
ユーミのいたずらっ子ぽい目は最高でした。
ひと言も言葉を交わしたことは結局ありませんでしたけれど。
東方不敗 URL @
05/17 23:40
Yonda?さんへ. >あいつが憎いとか恨めしいとか、そっち系はまったくもうメラメラで。

所詮、人間は分かり合えないんです。期待は裏切られます。私も裏切るし。
本当、私の足を引っ張った過去の憎たらしい奴らは全員私に謝罪すべきです。

>ひと言も言葉を交わしたことは結局ありませんでしたけれど。

結局、シュレーディンガーの猫と一緒で結果なんか知らない方が人間幸せなんです。

会話をしたら、理想が崩れます。

沈黙を貫くことこそ、美しい人生です。

と、凡夫な私は考えます。

この話は絶対に秘密です。お願いします。
Yonda? URL @
05/18 21:08
東方不敗さんへ. 

まじめに往きたいです。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4111-214b8980