正しくない

「正しい」ことがないのだとしたら、逆もまた「正しい」のだと思う。
1分1秒でもスピードを早くして時間を効率的に使うのは「正しい」。
愛社精神を持つのは「正しい」。
もう本当毎日のようにさ、ごめんなさーい、とか叫び出したくなることがある。
わたしはすべて間違えています。
「正しい」のはみなさんですので、
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいと土下座したくなる。
今年バイト先で文庫5500冊出したときに横で暴力的に(←こちらの被害妄想ね)
急かしてきたバイトリーダーはMさんではなかった。
あれはなんという人なんだろう。
いまだに顔と名前が一致していない人もいるのだから恥ずかしい。
最低なことに人の名前も間違えていたし、
さすがにこんなわたしを雇っていただいている会社の悪口を書くのは
人間としてどうかとも思うので、該当記事は削除しました。

協調性がないんだなあ。今日は二度誤ピックをしたような気がする。
気がするというのは本当にいまだにミス一覧表をいっさい見ていないからだ。
そのうちの一回は明確に覚えていて文庫を100冊出したとき5冊少なく出した。
1束15冊×6で90冊、あと10冊入れなければならないのに5冊しか入れなかった。
横の人がいきなり入ってきて動揺してしまったのがよくなかった。
考えすぎかもしれないが、バイトのみならず人生全般で、
他人の親切のようなものをうまく受け入れられない偏狭さがあるのだろう。
孤独癖のようなものがあるためか、横の人が急に持ち場に入ってくると露骨にビビる。
しかし、他人と協力できる人のほうが「正しい」のだから今後改善していきたい。
なーんて、いいおっさんがいい子ぶってるんじゃねえって話だよなあ。
自分が「正しい」とか思っている人が嫌いなのかもしれない。
ええ、そうですとも、もちろん自分のことは大嫌いだ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3975-b6a08f7d