底辺言葉

正直、ラインとかピッキングとかいう言葉を去年のいまごろのわたしは知らなかった。
むかしから親しくしていただいている方にどうにか、
ラインやピッキングという言葉を説明しようとしてみたことがあるけれど、
わかってもらえたという実感はない。
それほどにラインやピッキングはいざ見ないとわからない現場なのかもしれない。
いまたくさん本を出している方はほぼ全員、
書籍や雑誌のラインやピッキングの現場を知らないだろう。
そんなことで優越感を味わうくらいしか
楽しみは底辺のわたしにはないのかもしれない。
底辺用語というのがあるのかもしれない。
8ヶ月おなじ職場に勤めていてもいまだにわからない言葉がある。
「ショウブスウ」ってこのまえはじめて聞いたけれど、なんなのだろう。
世界を知るとは、言葉を知ることなのだと思う。
人間を知ることが名前を覚えることと同義であるように。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3971-707df93a