あたたかい資本主義

経済学のことなどまるっきりわからないからねえ。
身近な世界のことならば、少しだけ理解できなくもない。
いまの資本主義世界の企業は目先の損得ばかり考えていると言えなくもないのだろう。
いまのバイト先の書籍雑誌物流倉庫は例年年末が忙しいようなのだ。
忙しい時期に人がいなかったら困る。
人がいなかったらどうしようもなく日雇い派遣を取るしかないが、
彼(女)らはとにかく高額だし経験がないから効率も悪い。
だから、忙しい年末のために時給850円で使えるような
安い人間を雇っておけということに資本主義経済的にはならざるをえない。
日本語をほとんどまったくわからないような外国人女性でも、
日雇い派遣よりは使えて安いから目先の利益、
つまり年末繁忙期のことを考え雇用する。それが資本主義経済だ。

年が改まり新年になったらがらりと仕事が減る。
しかし、人員は多い。
日本語がわからない外国人は日本独特の遠慮の文化を知らないから、
こんな職場でもシフト希望の通りに入れるものと思っている。
上も下も世界にはないだろうが、あまり上とも言いにくい職場だ(環境はとてもいいが)。
外国人女性はどうして正規の勤務時間通りに働けないのか、
早く帰らされてしまうのか(稼げないのか)日本語が不自由なためわからないだろう。
去年の年末ニコニコしていた新入り外国人女性さんが、
今日はとても不安におびえた目をしていた。

だがしかし、それが資本主義経済というものだと思う。
目先の利益しか考えないで人を使い捨てにせざるをえないのが資本主義経済だ。
わたしだってベトナム人女性の代わりにわたしが帰らされたときには、
え? え? え? わたしはあの子より価値がないのと本気で絶望した。
いまの職場では日本語がまったくできないベトナム女子よりも、
このわたしのほうの価値が低いと見られることもある。
それは協力関係でわたしが4時間働いたら、
ベトナム女子も3時間働かせるというようなものだと
あたまがいい(?)ので納得できなくもないのだけれども。
究極の答えは、いやならば辞めればいい。代わりはいくらでもいる、になるだろう。
そういう職場はいくらでもあるのだろうが(経験あり)、いまのバイト先はそうではない。
だから、こうして働いているのかもしれない。

だれかが得をすることでだれかが損をする。
だれかの幸福はだれかの不幸。
これはわたしが大好きだったスウェーデンの文豪ストリンドベリの世界である。
いまの職場は冷徹に観察すれば、ストリンドベリの世界だ。
しかし、ストリンドベリの陰惨陰鬱な世界とは異なりどこか明るいところもなくはない。
こんな世界があったのかと思う。
ベトナムが社会主義ながら資本主義にも対応すべく努力しているように、
わがバイト先も資本主義経済のなかで
どこかむかしのアカ(社会主義)のあたたかさを目指しているような気がしてならない。
現代では社会主義はなかば否定されているようなものだが、
資本主義にはないあたたかさがあったのではないかと変なことを思った。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3961-2b77f901