仕事納め

ぼくは今日が仕事納め。
ぶん殴られそうなことを書くと、仕事をしている気がぜんぜんしないのですけれど。
今日も書籍ピッキングをさせていただきながら(させてもらっているのですよ)、
いきなり妙な過去の記憶が込みあげて来て不思議な感動をして落涙しそうになった。
やっべえよなあ。この作業が好きなのかもしれない。
書籍ピッキングをさせていただいていると書いた。
というのも、好き嫌いは人それぞれだろうが、ぼくはピックがいちばんおもしろい。
しかし、ぼくがピックにまわされることで、ほかの人が違うパートにまわされてしまう。
好き嫌いは人それぞれだが、やはりみなから嫌われているパートはあると思う。
ぼくのせいであの人が入庫にまわされ13~17時で帰ったと思うと、ああっ。
帰ってしまったけれど、18時から1時間入庫をしてもおもしろかったかもなあ。
Nさんと派遣女性がふたりで入庫をしていたからだ。
そのふたりのやりとりを観察したらどれほどおもしろかったことか。
入庫だって量が少ないから、帰らされている人もいなくはないのだろう。
たまには人の言うがままに動くのもいいのでしょうね。

世の中矛盾だらけだから、こんなきれいごとは言わないほうがいいのだろう。
でも言っちゃうと、パートと(日雇い)派遣だったら会社貢献度は前者のほうが上でしょう?
それにうちらは時給850円で働いているけれど、
聞いてみたら(よく聞けるな!)派遣さんは時給900円のことが非常に多い。
パートが帰らされて(日雇い)派遣さんが居残っているのをみると、
人事管理能力の難しさを身をもって勉強させられる。
今日はいい1日だった。
なーんか休憩時間にカレンダーの無料配布があってね。
ぼくの好みは絵はなくてもいいから(むしろないほうがいい)、
書きこめるくらいに大きく日にちや曜日が表記されていて、
なおかつ前月翌月のそれも載っているもの。
まさにぴったりなものがあって、いただいてきた。
今日はこのカレンダーの現物支給だけでも働いたかもなあ。
おまえの値段はどれだけ安いのかって話になりますけれど事実。
駐輪場でスーさんとサリタさんに逢った。
帰ってくれと言われたらしい(正確かどうかはわかりません)。
わたしは帰ってくれと言われず、自分で帰りました。
この違いって大きいんだろうなあ。あ、あ、ありがとうございます。
そして、ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3923-6eee6bad