うちの会社は大丈夫

いまの会社に入ったときね、古参の高齢男性バイトさんがやたら「うちの会社は」を連発した。
へええ、この会社はバイト風情がけっこう帰属意識を持っているのかと驚いたものである。
いまではわたしも半年以上勤め「この会社は」くらいは言えるくらいのとこまで来ている。
これをいい機会に愛社精神を表明して、時給850円のバイト風情が言ってみよう。
う、う、うちの会社は、書籍取次の下請けをしている。
ちょっと一般常識があったら、この出版不況のおり、
やばいのではないかと思う人も思われるのではありませんか。
みんな早く逃げたほうがいいと。ある本を読んだら、
それは違うという結論にいたった(「ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない」)。
いやさ、ほんと新刊書籍ピッキングをやっていると(やらせていただいていると)、
出すのはくっだらねえ文化の「ぶ」の香りもしないような
ビジネス書(自己啓発書)ばっかだから。

さて、いまの出版業界はどうなっているのか。いま売上の花形はビジネス書。
もうビジネス書くらいしか売れないようになっている。
そのビジネス書でもぜんぶがぜんぶ売れるわけではない。どれが売れるかわからない。
だから、出版サイドはどうするかというと下手な鉄砲数打ちゃ当たる戦法である。
とにかく出版点数を増やして(品質を下げてでも)薄利多売で儲けようとする。
本のメーカである出版社と小売を受け持つ書店をつなぐのが取次。
書店から売上金を回収して版元(出版社)に入金する金融システムも取次がになう。
これは書店で売れたぶんを正確に出版社に払うというわけではない。
だいたいの売上見込み金を取次から書店へ払うむかしからのシステムになっている。
差額はあとで版元(出版社)が取次に返還する。
このため、本は売れなくても本をたくさん出版していたら当座の金は手に入るわけ。
この当座の金で自転車操業のように、
出版社はひたすら低コストの本をどれか大ヒットしないかと濫造しているわけだ。

☆出版社←(金)→(本)→取次(→下請け)←(金)←(本)→書店

結論を書くと昨今の出版不況はうちの物流会社にとって願ってもない幸運なわけ。
本が売れないからアホな出版社は低コストの中身の薄い本をばんばん出版する。
出版社は良質な本をつくろうとはせずにコストを下げて出版点数の増加を図る。
毎日のようにくだらないビジネス書、健康本、運勢本が出版されるわけだ。
しかし、書店には決まった売り場面積というものがあるから来た本をぜんぶ並べられない。
たとえ一瞬だけ並べることができてもつぎからつぎに新しい本が来るから、
1冊、2冊だけ棚差し本にしてあとはぜんぶ返本するしかなくなってしまう。
さて、この流通システムのなかでどこが儲けてるのか。
版元(出版社)も儲けていない。小売(書店)も苦しいだろう。
小さな書店なんて売れ筋の本をあまり配本してもらえないのだから悲惨である。
しかし、いいかな、出版取次だけはこの出版不況下で儲けていると言えなくもない。
本が出れば出るほどそれを運ぶ役割が生じるのだから(返本も同様)。
取次はあんがいこの出版不況を歓迎しているかもしれない(うちの会社は取次の下請け)。

昨日はたくさん働かせていただくことができて嬉しかったなあ。
家でも本を読んでいてバイト先でも本をピッキングしているってなんか変な人生だけれど。
でも今日は少ないからたぶん13~18時くらいの勤務になるような気がする。
どうして取り扱う本の数量が一定しないのかっていうのはパート全員の疑問。
社員さんにうかがいたいけれど、
ここは下請けだから社員さんも上から言われるままでわかっておられない可能性もある。
勝手な想像だけれども、出版界ってものすごくいいかげんな社会だからじゃないかなあ。
出版予定日なんてころころ変わるのが当たり前の世界だからこうなっている?
しかし、水曜日はほとんど絶対に多いわけだから、そうとも言えないわけだよね?
社員さんの給与体系がどうなっているのかも疑問。聞けないって。
社員さんも長く働けば働くほど残業代みたいなのが入る給料システムなのだろうか?
そうだとしてもなかには早く帰りたい社員さんと少しでも稼ぎたい社員さんに分かれると思う。
社員さんのお気持を考えると、こちらの健康を無視してどこまでスピードアップすべきか迷う。
身体を壊すことなどいとわず本気でうちらがやろうと思ったらもう少しは早くなる気がする。
しかし、それがだれにとっていいのかって話も事実。
6時に呼ばれて7時(8時?)に帰される外国人パートさんを見ると複雑な気分になる。
かといっていつもいる社員さんのお気持を考えると早く家に帰りたいだろうなと思う。
「正しい」答えはない。自分の身体を壊さない程度に自分のペースでやるしかあるまい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3883-858c78c7