「まっぷる ベトナム アンコールワット」

「まっぷる ベトナム アンコールワット」(昭文社)

→さっきまでアルバイト先でベトナム人の若い子と一緒に働いていて、
顔つきからこの子はサパ周辺出身じゃないかなと思ったけれど聞かなかった。
「ベトナムのどこ出身ですか?」
という日本語もわからなそうな子たちと一緒に働いているわけ。
いま楽しいからぜんぜんそれでいいのだけれど。
このガイドブックは日本人婦女子向けのインチキベトナム美装本。
まあ3、4日旅するのなら、この程度のことをすればいいんじゃないか程度の。
ぶっちゃけ、だれも本当のベトナムなんて見たくないわけでしょ。
わたしもたかが1ヶ月の旅では本当は見(ら)れなかったし、
いまだにベトナムのことはまったくわからない。
でもさ、ベトナムの若い子と話してみると、わたしよりもベトナムのことを知らないことがある。
いちおうベトナムは社会主義の国ということになっているけれど、
この社会主義をどうにもうまく資本主義国民は説明できなかったことがある。
いやね、そういうことに気づかせてくれるベトナム人若年女子は感動ものなんですよ。

日本のバカ女向けのこのガイドブックには
わたしがベトナムで見たことのないものばかり掲載されていた。
ベトナムグルメ、ベトナム雑貨、ベトナムスパ(マッサージ?)。
わたしがベトナムに行くまえ知っていたのはベトナム風生春巻きだけだった。
(一般常識としてのベトナム知識くらいはもちろんございましたよ)
7年まえだが、いざ行ってみたらどこにもベトナム風生春巻きなんてなかった。
みんな他国のことは現地人の紹介なしにはどうしようもなく知りえないのかもしれない。
わたしは旅行中に現地のベトナム人から本当の(?)ベトナムをいろいろ教わった。
これはもう偶然や運が関係しているからいくら願望しても思い通りにはならないが、
いまだに7年まえの恩返しとして、
いま日本にいるベトナム人に可能なかぎり本当に近い日本のことを
(偉そうになることなく)お伝えできたらという気持がある、ございます。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3882-5fe94647