他人のミスは見ない

書籍ピッキング(数えて箱に積む作業)やっぱりおもしれえ。
適量のピッキングは自分がロボットになったような気がして趣味として悪くない。
週に1回くらい趣味としてピッキングに来ているおにいさんもいるもんね。
要はテトリスの書籍バージョンだから、たまに遊んでいるのか働いているのかわからなくなる。
今日は9時間45分もピッキングをやったけれど(たぶん)ミスは一度もなかったと思う。
おれ、ロボットかよ!? 人間じゃないって。

ミス一覧表みたいなものが貼りだされているんだけれど、わたしは入った当初から見ていない。
こんな作業で他人と自分を比べるなんていやだから。
それに間口(持ち場)の書籍量が2倍、3倍も違うこともあるんだから、
ミスをした人がいちがいに悪いとも言い切れない。
出す量が増えたらミスが増えるのはこれはもう仕方がない。
今日たぶんミスゼロ(←一覧を見ていないから知らない)
だったのは比較的に量が少なかったから。
昨日はかなり多かったからたぶん一度ミスをしている。

ミス一覧を見ないというのは、他のパートさんにもおすすめしたい作法だ。
精神的にすごい楽だから。
わたしは隣の間口の人が本を破損したかなと気づいてもスルーする。
気づかないふりをしてあげる。それが低時給バイト同士の助け合いってもんさね。
そういえば、尊敬する芥川賞作家の西村賢太氏の本が売れてないって本当かもよ。
箱の中に新刊の「一私小説書きの日乗」(角川文庫)をちらっと見かけた。
一瞬しか見なかったから、あまり出ていなかったのではないかしら。
もう一生分稼いだってうわさだし自称破滅型だし、まあ売れなくなったのも芸になるさ。

西村賢太つながりで言えば、東大卒の「もてない男」の小谷野敦さんみたいに
他人のミスを指摘したがる人ってなんなんだろう?
あいつに勝ったとか思うんだろうか? 自分は「正しい」とか威張りたいの?
他人のミスを指摘しても感謝なんてされることはほとんどなく恨まれるだけだから。
相手のミスを指摘して勝ち誇るなんて人として品のいい行為とは思えない。
自分だってミスをするという自覚がないってそれおかしいよ。

わたしがいまのバイトでいちばん嫌いなパートのばあさんも他人のミスを指摘したがるの。
ものすごい威張りくさってさあ。
それで自分はミスをしないかっていったら、一度隣に入ったときばんばんミス出していたぜ。
あるいは、あはっ、自分でこれを言っちゃおしまいだが、
ラインでわたしの隣というのが「魔」なのかもしれない。
魔界というか。ひょっとしたら変な威圧感やオーラがあるのかもしれない。
基本的に「死にたい」とか10年以上考えていた人間だから、邪気を放っている可能性もある。
ふだんはミスをしないのにわたしの隣だと誤ピック(数え間違い)をする人、いるかも。

他人に「仕事をサボるな」って言ったら、
ぜったいに自分は常に全力投球でやらなきゃいけないわけよ。
ある社員格の若者から最近「サボるな」に近いことを言われたけれど、
それは自分で自分の首を絞めたようなものでその人は有言実行しなきゃならなくなる。
日本人に時給850円で常時全力投球を求めるのはちょっと常識がない気もするけれど。
そんなことをするからみんなすぐ辞めちゃうのかもしれない。
ある社員さんからはときどきたまーに「まあ適当にやってくださいよ」
みたいなことを言われるけれど、ならばその人は適当にやってもいいことになるが、
常に一生懸命やっているから、この人は若いのに優秀なんだなあと思う。
あんまり他人のミスは指摘しないほうがいいような気がするけれどなあ。
「正しい」お偉い学問の世界はわかりませんけれども。

COMMENT

- URL @
10/24 14:34
小谷野敦. ミスというのが間違いのことなら、私は指摘されると一覧にしてあります。感謝すべきことです。
Yonda? URL @
10/25 19:47
小谷野敦さんへ. 

人それぞれだから、それもいいのではないのでしょうか?

前に小谷野さんからコメントをいただいたとき、
たしかメールアドレスがついていたと思います。
ごめんなさい。
こちら超絶パソコン音痴なので、
あのメールアドレスを開けないのです。
Windows8のためか、なんだかよくわかりません。

絶望書店のときのように、
なにかおっしゃりたいことがございましたら
格下の分際で不遜ですが直接お電話いただけませんか?
一度メールをいただけましたら、電話番号を申し上げます。

春日武彦先生ではないですが、
もうほとほと人生には疲れました。
河合隼雄先生ではないですが、
のぞみはありませんがひかりはあります(新幹線のたとえで)。

小谷野先生のベスト名言はこれでしょう。
「おまえに興味がある」








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3828-dac8febd