ブログ記事の原価

ひとつまえの稚拙な読書感想文の原価はいくらだと思いますか?
答えは3千円弱です。もちろん、そんな価格で販売しようというものではありません。
今日は仕事が少ないという事前予想もあり、シフト表に休みと書いていました。
当然、休日ですから歯医者の予約を入れていました。
とても感激することに使えないパートのわたくしに前日に出勤のご依頼があったのです。
もちろん、歯医者の予約がございますのでとありがたくも感謝しながら断ります。
時間を聞かれ18時半からだと答えますと、13~17時でも来れないか。
雇ってくれた恩義をないがしろにして休ませてくださいと申し上げました。
いまふっと気づいたんです。
ひとつまえの記事「新しい教育と文化の探求」(河合隼雄)の感想文は、
ちょうどまさに13~17時半くらいの時間帯に書いてます。
もしこの時間にご依頼にしたがいバイトに行っていたら約3千円の収入です。
でしたら、あの記事の原価を3千円に設定してもいいのではないでしょうか?
言い換えたら、目に見える世界でわたしは3千円の損をした。

もし河合隼雄さんが言うように「失うは得る」ならば、「損は得」なんですよね。
昨日は職場の傘立てに置いておいた傘をだれかに持っていかれました。
「土屋」と名前を書いたテープを貼ってあるのですけれども、
日本語がわからない人が多い時給850円の職場だから仕方がないのでしょう。
ちなみに、傘を持っていかれたのはこれで二度目です。
帰宅時には雨はやんでいたので、
だれかの傘を代わりに持っていこうとは思いませんでした。
さきほど歯医者のついでに百円ショップで2百円の傘を買いました。
今度は盗まれないように対策を立てなければなりません。
いや、盗まれたらまた買いなおせばいいのか。
明日は朝の9時から来ていいとのお話。
いまのバイト先は午前中から働いたことはないので、好奇心がわくわく。
この日もシフト上は休日として提出していましたが働くことにしました。
その理由は午前中のあの職場の雰囲気を見たいからです。
そして、そのとき自分はどんなことを感じるのだろう。
昼休みの1時間の休憩の孤独時間に自分はなにを思うのか。
当たり前ですが、みなさまとおなじように自分のために働いています。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3795-ae86a2c6