秋が好き

俳句によると春夏秋冬それぞれよろしいというのはたしかにそうだけれど、
そうは言ってもやはり建前だと思う。
いちばん秋が好き。
いんちきビール業界でも「秋の贅沢」や「深煎りの秋」が並んでいる(既飲)。
だから、もう秋になったことにしてしまおう。
実際、わずかながら黄色づいている緑葉もちらほら見かける。
みなさんそれぞれに好きな季節があるのでは?
どうでもいいわたしの話をすると「秋>冬>春>夏」になる。
夏っておおざっぱすぎね? 
まず花火。それからビールと枝豆とか、スイカとかかき氷とかどこかお子さまくさい。
アダルトは秋だあねえ。
いちばん無常(変化)を感じさせる季節だから好き。
読書の秋だあな。今日は早朝からさっきまでずっと室内で読書をしていた。
人交わりもいいのだろうけれど、気遣いがめんどうくさいと言えなくもない。
孤独癖があるためか、静かになにかに夢中になるのはやっぱり楽しい。
「本>映画(ドラマ)>音楽>ゲーム」の順番だ。
今日も録画しておいた「カサブランカ」を観ようと思っていたけれど、読書の快楽に敗北。
その1冊が井上光晴のお嬢さん(←直木賞作家)が書いた父回想記。
ほんとうにいまいわゆる左翼作家の井上光晴はすっかり忘れ去られてしまった。
まさかまさか井上光晴を被写体にして映画「全身小説家」を製作した原一男先生が、
晩年は初版5千部しか出してもらえなかった旧有名作家を殺したわけではないのだろうけれど。
若くしてデビューした宮本輝さんの傑作小説「青が散る」のヒロインは夏子であった。
いま売れている遅咲きの人気作家・西村賢太さんの私小説のヒロインは秋恵である。
もしかしたら人目を引かぬわれわれのそれぞれの人生にも四季はあるのかもしれない。

COMMENT

Dスタ福井駅前 URL @
09/10 16:47
はじめまして. comment山田太一先生のことを検索していたら、こちらに辿り着きました。講演会の記事を二本読みましたが、貴重な記録だと感服しました。読めてよかったです、ありがとうございました。
Yonda? URL @
09/11 10:54
Dスタ福井駅前さんへ. 

わざわざご丁寧におコメントありがとうございます。
ご商売も繁盛していらっしゃるようでなによりであります。
Dスタ福井駅前 福島亘 URL @
09/11 16:30
. お返事ありがとうございます。
商売は全然繁盛していませんよ。暇なので昼間からネットをうろついてるんです(*^_^*)

ところで土屋さんは漫画は読まれないのですか?漫画にはいい作品がいっぱいありますよ!初めて山田先生の作品に触れた時のようなワクワクドキドキがたくさん味わえます。寂しいことに、小説やドラマではほとんどないです。私が知らないだけかもですが・・・

もし漫画喫茶に行くことがありましたら、松本大洋という人の「Sunny」という作品を読んでみてください。山田先生の作品を愛していらっしゃる土屋さんなら、絶対満足してもらえると思います。

先生の講演を書き起こしてくださって、本当に嬉しかったので、私なりのお返しです。それではまた!
Yonda? URL @
09/12 06:58
Dスタ福井駅前さんへ. 

おコメントありがとうございます。
今後の参考に致します。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3793-6bfce143