オーラの有無

いろいろ人には言えないわけがあって、いまどういうわけか時給850円でバイトをしている。
書籍や雑誌の仕分けをする倉庫だ。
人のプライベートは聞かない。自分が聞かれたくないからだ。
プライベートとは個人情報、つまり学歴、職歴、婚歴、年収、友人数、趣味、人生目標等々。
聞かないから聞かれない。
するとみんながみんな外見上は時給850円の作業員である。
しかし、なかには偉い人がいるとわたしは思うのである。
これがオーラなのかどうかわからないけれども。
おなじ850円労働者でそのほかの情報はなにも知らないにもかかわらず、
ぱっと見でこの人は偉い(凄い、美しい)と思ってしまう人がいる。
さすがに時給850円にも満たない人はひとりとしていない。
あなたの偉さ凄さ美しさをわかっていると、なんとか伝えたいと思ってしまう。
そんなことを言われても相手は戸惑うばかりかもしれないけれども。
しかし、もしかしたら時給850円で働いている老人が、
しつこいがもしかしたら元東大教授ではないとだれが言い切れますでしょうか?
肩書とはなんの関係もなく偉い人、凄い人、美しい人がいるという幻想に、
いい歳をしてひたっている愚か者である。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3782-7cfaa9b4