秘密は大事

いま当面のところ本に関係するアルバイトをしています。
時給850円ですが一丁前に(パートの分際で偉そうにすんません)
守秘義務の契約書にサインをさせられました。
それを破っているわけではありません。
ひとつ、職場で知ったこと。
(東大卒の小谷野敦さんが好きな)東大卒のエッセイスト、
岸本葉子さんの本って売れているんだなあ。
うちの倉庫だけで配本が1000以上あって驚いた。
なぜか今日はラインが長時間とまったのです。
することもないから東大卒の岸本葉子さんのエッセイを(文字通り)立ち読みしました。
いまはウェブ上にもっとおもしろいエッセイがいくらでもあるような気が。
まさかうちのブログがとは口が裂けても言えませんけれど。
それとファンである新進気鋭の酒場エッセイスト、
大竹聡さんの新刊文庫も(持ち場ではなかったが)大量に出ていた。
よく編集者の人は善人ぶって(?)直接の売り子である本屋さんを過剰にもてはやすでしょう。
しかし、編集者が企画して著者が書き製本会社がつくった本を
全国にまわしている人たちがいる。
いったい、だれがそういう仕事をしているのか。
ぶっちゃけ(まだよくわかりませんが)、
大方は本など1冊も読まないようなノーインテリばかり(ノータリンではありません)。
それはそれとして、みなさんが本屋で新刊書籍を買えるのは、
われわれの作業があってのものだと思うと「本の山」作者は明日もバイトをさぼれません。

COMMENT

Mac URL @
05/14 14:25
. 偉いぞー。
Yonda? URL @
05/14 23:32
Macさんへ. 

そ、そうかな~?








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3698-742e5c0c