身をもって知る

なれないことをしたから左足首を怪我をしてしまうわけである。
整形外科でレントゲンを撮って痛み止めと湿布をもらい国民健康保険で4千円なり。
日給8千円の派遣バイトで怪我をして治療費4千円かあ。
派遣会社にかけあったら、
自称責任者いわく労災を出してほしいならどうかご自分でやってみてください(余裕の笑み)。
たいへんですよ。ほんとかどうか知らんが、診断書だけで自腹5千円と言われる。
最近、被害妄想過剰だと気づいたので、問題はこのことではない。
みなさまにはどうでもいい詳細は書かないが、
たしかにこちらにも非はあり派遣会社の言い分も一理ある。
問題は――。
足を痛めた瞬間、往来に松葉づえを使用している人が多いことに気がついたのである。
ここにもあそこにもびっこを引いている人がいる。まさに身をもって知るである。
人間はもしやおのれに痛みがないと
他人の痛みに気がつかないようにできているのかもしれない。
言い換えたら、おのれの境遇しだいで世界の見方はいかようにも変わりうる。
いま自分がどういう立場にいるかで世界の様相はがらりと変化する。
いざ自分が痛んだり苦しんだりしないとどうしようもなくわからないことがたぶんある。
怪我をしないと、事故に遭わないと、不幸にならないと決定的に理解できないことがある。
もしかしたら我われは本当の世界を見ていないのかもしれない(本当の世界って?)。
大事なものを見過ごしているのかもしれない。
なにかきっかけがないとなかなか障害者(障害児)の存在が目に入らないのは、
関係者はご同意くださると思う。
たぶんいくら知ろうと思っても知りえないことがある。
身をもって知るしかないことがあるのだろう。
エイプリールフールに書いた記事はかなり本当でしたが、予想通りメールはなし。
野垂れ死にするのもまたいいと思いながら、非正規雇用の荒波を全身で浴びようと思う。
身をもって知ることがいくらでもあるのだろうから。
いま正式決定したが明日からは時給850円で本の梱包をする。
くだんの派遣会社はこんなわたしにまだ仕事を紹介してくれるのだからありがたい。

COMMENT

とおりすがりの一ノ瀨 URL @
04/26 17:24
. すごくいい話だと思いました。
Yonda? URL @
04/26 23:05
とおりすがりの一ノ瀨さんへ. 

いやん、見ないで。
あわわ、うわ、うへえ。
ほんとはいい人だってばれちゃったかしら。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3679-d318cf8e