反対を聞く

「自分の意見を言え」は「自分の意見なんか言うな(周りに合わせろ)」ということ。
「個性を持て」は「個性なんか捨てろ(社会や常識に埋没せよ)」ということ。
逆に「我を捨てろ」と怒鳴られるとむくむく自分が出てくる。
「人間に個性なんかない」と言われて気づくおのれの反抗心(欠点=個性)がある。
「こうしなさい」と言われるとそうしたくなくなってしまう。
だから、親と反対の人生を送るものがいるのだろう。
「こうするな」と言われると反対にそれをしたくなってしまう。
だから、親とおなじ道を行く人がいるのだろう。
なにも言わなかったら、そのとき人はどうするのか?
こうなってはじめて、ようやく自分で考え始めるが、
模範や仮想敵はないのでこれほど苦しいことはないのだと思う。
親や先生がいるありがたさよ。口うるさい親や先生がいる困難よ。
孤児の辛さよ、教育ママのうざさよ。どちらも正しい――。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3600-c001913d