マイナスを生かす

石鹸ごときにこだわるのはスイーツ(女子最上主義)過ぎていやでした。
うちの石鹸はずっと4個百円のもの。
去年の12月中旬だったか、石鹸がなくなったので薬屋にいつものを買いに行ったんです。
ところが、売り切れ。横には3個170円くらいのが売っています。
いつもならこういうとき、かならず4個百円にこだわっていました。他店へ行く。
このとき、ふっとまあ百円程度の違いだろうと思い浮かんだのです。
高い(高くはないだろ!)石鹸のほうはクリーミーで肌にいいと書いてあります。
そんな安っぽい宣伝文句を信じられるのは、男では20代まででしょう。

じつのところ、いっぱしに冬は乾燥肌に悩んでいました。
一度だけ高級石鹸を試してみましたが効果はなかったです。
まあ、これもご縁だと3個170円の石鹸を買いました(安いのに大げさだぞ!)。
それがびっくり、本当にその石鹸を使い始めてから乾燥肌(かゆみ)が治ったのですから。
商品名を書かないのは人それぞれだと思うからです。
その石鹸がみなさんに効くとは思えないけれど、こういうたまたまの利用はできるのではないか。
もしかしたらマイナスはチャンスかもしれません(自己啓発セミナーっぽくてごめんなさい)。
だれになにが効くかはわかりませんが、なにかが効くこともあるので人生は侮れません。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3544-9847c124