子どもがほしい人

どうしてみんな子どもをほしがるのか長らくわからなかったが、
北崎拓氏の漫画を読んでいてようやく理由のひとつが判明する(「クピドの悪戯」)。
山田太一さんは、いまの若者は本を読まないが
代わりに音楽で教養を得ているという考えをお持ちのようだが、
あんがい本を読まない人は漫画からいろいろ教わっているのかもしれない。
さて、なぜ子どもをほしがるのか、である。
現代では結婚は恋愛をしてからすることが多い。
男女ともに相手のことを好いているわけだ。
だが、どんな美しい女性も加齢とともに劣化は避けられない。
このため、もし娘を産めば遺伝子的に美しさが再生産される可能性が高い。
したがって、子どもをほしがるという筋道である。
女が惚れたところの男の魅力も子どもを産めば遺伝子的に再生産される可能性が高い。
学者の子どもがおなじ分野の学者になることは非常に多いから、これは事実に基づいている。
むかしの下層民がばんばん子どもを産んでいたのは、
ただ単に避妊よりも快楽を優先しただけだろう。
いまはあんなバカなことをする夫婦はいないと思う。
こうして考えていくと、いまは美男美女の夫婦しか子どもを設けないのではないか。
少子高齢化対策として国が美男美女限定で一夫多妻、一妻多夫を認めるべきだと思う。
これから産まれてくる子どもは
将来多くの老人を支えなければならないという苦労が決定しているが、
子どもたちは遺伝子的に美男美女ばかりだろうから
それほど心配することはないとも言えよう。大丈夫、ニッポン!

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3509-2914d7cf