犯人は「他人の評価」

名探偵ふうに言ってみよう。ははーん、そういうことだったのか。犯人はきさまか。
いろいろな謎が解けたような幼稚で未熟な錯覚にいまひたっている。
どうして数万円のギャラでAV女優になるバカがいるのかわからなかったが、
あれは他人の評価を求めての行為だと解釈したら了解できなくもない。
「きれいだよ」「かわいいよ」と女優待遇を受けるのはそれだけ気持がいいのか。
承認欲求なんて言葉を使うといまふうだが、要するに他人の評価を渇望しているのだろう。
なんで奴隷薄給のライター風情があたかも「いちおう東大です(笑)」のように誇らしげに
「いちおうライターやってます(ドヤ)」なんて言うのかの理由もわかった。
物書き仕事の注文は他人の評価にほかならないからなのだろう。
駆け出しライターは「原稿が」「締切が」「脱稿した」などと他人に言うときがいちばん楽しい。
これは端役でテレビドラマに出演が決定した底辺役者の誇らしさに通じよう。
どうだ、どうだ、どうや、どやどや、どやねん。
多くの人のなかからほかならぬ自分を選んで仕事を依頼してくれた人がいるんだぞ。

これはナンパの興奮に近いのかもしれない。
ナンパについていく女は多くのなかから自分が選択されたと思い上がるのだろう。
他人の評価が得られたときに一般的に人は舞い上がるものなのだろう。
他人の評価ほど嬉しいものはないのに我われはなかなか他人を評価しようとしない。
ネット掲示板やブログなどネガティブな評価、つまり否定や批判ばかりである。
ある大御所脚本家がなぜ同業者をあれほど過剰にほめまくっているのか少し理解できた。
他人の評価くらい人間にとって嬉しいものはないのだろう。
ならば、欠点をあげつらうよりも作品のよいところを指摘したほうがよほどいいではないか。
皮肉を言えば、あれは他人の評価に恵まれた人気作家だからできることなのかもしれない。
我われの人生でもっとも大事なのは他人の評価である。
にもかかわらず、なにゆえ我われはもっと他人を評価しようとしないのだろう。
とはいえ、うまく他人を評価するのもまた難しいのである。
そのうえ金銭がからむ仕事の場合は、みなを平等に評価することはできない。
せめて仕事以外の趣味では、もっと他人を評価したいものである。
自分が他人の評価を得たいために、
作戦として他人を評価するのはちょっと違うと思うけれど。
そして小声でつぶやくが、他人の評価がうざいときもあるのがまた人間というものである。

COMMENT

yogako URL @
12/21 13:27
. comment
なぜ生きてるか突き詰めて考えると、最終的には「愛し、愛されたい」だと思いました。認め、認められたいとも言えます。
自分を軸にせず、他人の評価に中心をずらすといとも簡単に称賛を受ける事がありますが大概薄っぺらい評価で、かえって惨めさが増します。

結局は自分のやりたい事やってたら得られると思うのです。本物の評価。欲しいですね。
ガガのアプローズという曲でも称賛称賛歌ってますもんね。
Yonda? URL @
12/21 22:51
yogakoさんへ. 

すごいとってもコメントが嬉しかったです。
この記事を書いたとき、
なんだかさみしくて反応を過剰に欲していました。
ほんとうにありがとうございます。
でも、わたしのような気分屋はいけませんですよね。

コメント、まったくおっしゃるとおりであります。
他人の評価も自分の評価もどっちも大事なのでしょう。
どちらを主軸としてもいけない(たぶん)。
ここだけの話、
わたしのようなジコチューは決して他人の評価を軸にできません。
どうしても他人の評価よりも自分のものを信じてしまいます。
いけないのでしょうけれど、
人間はそんなものかもしれません。

コメントありがとうございます。
さみしいときだけこんなことを言っているようで
我がジコチューは汚らわしいかぎりでありますけれども。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3504-d37d7957