一番乗りと飽和点

娑婆(しゃば)っ気全開でだれが儲けているのだろうと考えてみる。
いまやネットのせいでほぼ存在意義がなくなったアングラ裏雑誌を読んで、
いまのAV女優の薄給ぶりに悲鳴を上げそうになった。
個人の尊厳もなにもかも明け渡しさらけだして、たったそれだけの報酬なんですか?
むかしのAV女優はかなり稼げていたことも知る。
あらゆる業界で飽和点に達したら経済的には終わるのかもしれない(生きがいは残るが)。
一番乗りしたやつがたぶんもっとも儲けられる。
むろん儲かればいいわけではなく、付随していろいろ不如意が出てくるだろうけれど。
一番乗りが大儲けして飽和点に達した段階で終わるというのは、
かなりの分野で共通していることのような気がする(ライター、コンビニ、風俗、激安全般)。
あの世界もこの世界も一番乗りが大勝ちして二番煎じはそこそこなのでまだいいが、
時間経過とともに最後は悲惨にも食えない奴隷状態に近くなってしまっている。
一番乗りをするためにはどうしたらいいか?
よくわからないが、おそらく真似をしないことだろう。
ほんとぜんぜんわかっていないが、マイペースもときには一番乗りになるのかもしれない。
最初にやったやつが大儲けして末端になるほど損がかさむのはネズミ講である。
もしかしたらあらゆる経済行為がネズミ講に近似しているのかもしれない。
間違っている可能性も非常に高いから、やはり人の真似をしているほうがいいとも思う。

COMMENT

- URL @
11/26 15:24
宣伝. en-taxi Vol.40 Winter
定価860円 発売日2013/11/21
山田太一「深くあきらめた人の、なおあきらめない思い」(取材・文=重松清)
永淵洋三 × 西村賢太
「憧れのプロ野球選手との三十五年後の邂逅と、秘話」
Yonda? URL @
11/26 19:19
宣伝さんへ. 

立ち読みじゃダメですか?








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3481-da1984eb