教えるべきこと

意味がない建前を押し通すという点では
三流高校の教師ほど象徴的な存在はいないのではないか。
本音をぶちまけるならば、学校で教わることの大半が役立たないわけでしょう。
買い物に困らない程度の読み書きや算数を教えてくれたら、それで十分すぎるわけである。
成功を金儲けと考えたら文字と計算さえ知っていたら、あとは野心と怨念だけでどうにでもなる。
べつにアルファベットを知らなくてもいいし、原爆投下の日にちを知らなくても構わない。
ならば、三流といわれる高校の先生になんの意味があるのだろう。
最低限の常識があれば、
教師はみんなこんなことを知っていても実社会で通用しないことをわかっていると思う。
それをわざわざ教えて覚えたかどうか調べることになんの意味があるのだろう。
ことさら円周率など知る必要はまったくないのである。
三流大学の教授先生も悲惨なものがあるのではないか(本音を申すと有名大学教授も)。
大学で教わることは高校教育課程以上にまったく価値がない。
経済学の教授は商売や株で大儲けできるのならしてみろよって話なわけだから。
ベケット研究の女性教授なんぞ、ぜったいにイケメンから相手にされないだろう。
ヒステリックでつまらなそうな女だと大半の男からは敬遠されるはずだ。
むちゃくちゃをいうと、高校や大学の9割をなくしてもいいのではないだろうか。
もしくはひたすら遊ばして学科など全員通過させればいい。
おっと、思い返してみれば母校の大学はそうであったから、理想は現実になっていたのである。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3476-008512c6