たとえ神がいなくても

かつて敗戦国民コンプレックス丸出しで「日本には神がいない」
と大騒ぎした福田恆存という西洋きちがいの文芸評論家がいた。
いまでも一部でマニアがいるようだが、じつは福田さんは仏教のことをまるで知らなかったのだ。
日本には西洋の神さまはたしかにいないが、
東洋の仏さまがいることにからきし不勉強なインテリ評論家先生が
むかしは舶来品の威光を借りていろいろ高みから論じていた。
「神がいない」異常事態に大慌てしていた福田さんの愚かさがあわれで仕方がない。
どうして彼の目には「オイディプス王」のようにまったく仏が見えなかったのか。
福田恆存さんはたまに庶民派アピールをしていたが、たぶんあれは嘘だったのだと思う。
ほんとうの庶民なら「因果を含める」という言葉にどうして気づかなかったのだろう。
「因果を含める」とは説得してあきらめさせるという程度の意味。
仏教の三世因果説が前提になっている言葉だと思う。
あなたがこのように不幸なのは前世のためだからあきらめなさいという日本古来の説得法だ。
「後生が悪い」という庶民の言葉にも西洋かぶれの福田さんは出会ったことがなかったのか。
「後生が悪い」とは来世の生まれがよくなくなるから、
そういうことはおやめなさいという説得法のひとつである。
この国には神さまはいなかったが、仏さまはいらしたという証拠である。
たとえ神がいなくても「後生が悪い」から日本人はそうそう悪いことができないのである。
かなりの不遇にもかつての日本人が辛抱できたのはおのれに「因果を含め」ていたからだ。
むかしは西洋の代弁者になることで偉ぶれたのだろう。
そろそろそういう悪しき習慣はやめてほしいものだが、
いまは「因果を含める」も「後生が悪い」も知らない人のほうが多いのではないか。
いまもって福田恆存のような人がある種の人たちの神になっているゆえんである。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3474-dead4d85