知らない権利

国民的人気漫画の「美味しんぼ」は左翼臭が強すぎてちょっとついていけないところがある。
いまの連載でさんざん福島の放射能の危なさをあおっている。
あれは福島県民は読まないほうがいいような気がする。
とはいえ、わたしが放射能県民で「スピリッツ」を購読していたら読んでしまうだろう。
不勉強なわたしの意見だが、福島のことは徹底的に「わからない」のではないか。
たぶん歴史上かつてなかったことがいまもいま福島で起こっているのだと思う。
どうなるかはだれにもわからない。
わかる人がいるとしたら、たとえば百年後の日本人である。
たいへん不謹慎な物言いだが(ごめんなさい!)、百年後には
とても人為的・道徳的にはできない人体実験のすばらしい統計が取れているような気がする。
どのみち人は死ぬのだし、
いくら確率(リスク)が上昇しようが運の強い人は逃げ切れるのだから、
わたしは福島の問題はそれほど心配していない。そういうものなのだろうと思っている。
というか、よしんば本当のことを知ってもどうにもならないのではないか。
本当のことを知っても移住できる人ばかりではないと思う。
あなたはガンで3年後に死にますと告知されても大半の人が困ってしまうのとおなじである。
確率はどうしようもなく「所詮は他人事」であり、
あなたやわたしの人生を実際問題として左右するものではない。
このことを実体験としてよくわかっているから、
わたしは放射能のことを震災以後もまったく気にしていないのだろう。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3465-eddd0d15