「運とツキに好かれる人になる」

「運とツキに好かれる人になる」(桜井章一/宝島社)

→副題は「図解 雀鬼「運に選ばれる」法則76」。
こんな本を読むなんてどれほど落ち目なんだろうな。
いま検索したら「運をよくする本」ばかり読んでいるブログを発見して(それもすごい数)、
思わず「おまえさ、もうちょっとがんばろうって気はないのか?」とコメントしたくなった。
運やツキというのはあるのかないのかわからないけれど、
あるとして見ないと世の中のことが理不尽、不合理だらけで精神科のお世話になってしまう。
精神を患うよりは、自称20年無敗のプロ麻雀屋さんにだまされたほうがまだいい。
はいはい、雀鬼さん、どうしたら運がよくなるんだい? うそついたら舌ぬくかんな。

・運命は変えようと思っても変わらないが、自然の流れのように待っていれば変わる。
・迷ったときは固定観念を捨てて直感にしたがって選択しような。
・勝負中の運はある潮目を境にがらりと変わることがあるからあきらめんな。
・五感を開放したら「偶然の運」ではなく「必然の運」が訪れることがあるぞ。
・迷うのはやめて無意識からの直感やひらめきに敏感になろう。目指せ無意識過剰!
・不安は考え始めるとどんどん大きくなる運の敵ゆえご注意あれ。
・見えないものを見るようにしよう。個に全体を見る。全体に個を見る。
・心に着込んだ衣服を脱いでいき素っ裸になり、まっさらなハートで自然を感じようぜ。
・運を引き寄せるには感激力、感動力、感謝力!(ブラック企業の社訓みたいやな……)
・人間関係に計算や駆け引きといったテクニックを使わないと運が舞い込む。
・「運よ来い」と力まない。力を抜いていると運の流れを感じられるようになるべ。
・世界は変化しているし自分も変化している。ふたつの変化を一体化させると流れに乗れる。
・樹木の「軸」は葉でもなく幹でもなくじつは見えない根っこ。すべての現象がそうである。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3441-5ebf29df