FC2ブログ

「ペエアの旅」

2005/08/02(火) 15:43:58

「ペエアの旅」(ストリンドベルヒ/小山内薫訳/「世界戯曲全集29」)絶版

→五幕の劇。「童話劇」という分類に入るらしい。
解説によるとストリンドベリにとっての「青い鳥」とのこと。
この戯曲、好きだなぁ。
ごめんなさい。あたまが悪いから結局、好き嫌いの話になってしまう。
高みから分析して論じることなんてできません。
わたしにできるのはこの天才(狂人)を仰ぎ見て感嘆するだけ……。

森の中で素朴な楽園生活を送っていたペエア少年は第一幕で宣言する。

ペエア「ええ、出て行きますとも。僕は世の中が見たいのです。(……)
僕は熱帯の果物が食べたいのです。それが虫に食われていたって構いません。
僕はお酒が飲みたいのです。それが毒でも構わないのです。
僕は娘の腰が抱きたいのです。
破産をしたお父さんが暖炉の隅に座っていても構わないのです。
僕は銀や金が欲しいのです――
それがしまいにチリになっても構わないのです」(P93)


ペエアは小鬼(スウェーデンの妖精)の助けのもとで、
時には金持ちになり、それに飽きたら今度は名誉を求めて政治家になるといった具合。
つまり幸福を求めたわけである。お金、友人、快楽、名誉――。
そこに突然「死」があらわれペエアは狼狽する。
猶予を懇願するペエア。しかし求めうる幸福は網羅した。
そこに賢者があらわれる。

賢者「誰を捜しているのです」
ペエア「人間を一人。手短に言うと、僕は不幸なんです」
賢者「では、人間など捜してはいけません。
人間は決してあなたを助けてはくれませんから」


くうう、この賢者のセリフはいいねえ!

ペエア「それは分かっています。でも、わたしは生きることも出来なければ、
死ぬことも出来ないのです。(……)」(P136)


賢者はペエアに言う。

「自分ばかりを愛するものは、決して他人を愛さないからです」

……耳が痛い。
さてペエアは真実の愛に目覚め、リイザという運命の恋人を見出します。
童話劇らしく最後は説教で幕を閉じる。

「(……)人生はあなたがあなたの若い夢の内に見たようなものではありません。
人生は砂漠です。それはほんとです、しかし、花のある砂漠です。
人生は荒れ狂う海です。しかし、青青とした島に港のある海です。(……)」(P141)


再読したいけどこの翻訳じゃなぁ。だれか新訳で出してくれませんかね~。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/344-fe928268