「ひろさちやの日めくり説法」

「ひろさちやの日めくり説法」(佼成出版社)

→希望や夢は現代の魔なのだろう。悪魔の魔。
実際は希望でも夢でもないものを、
我われは実現せねばならぬ希望や夢だと思い込まされているところがある。
希望や夢など世間体を反映したものに過ぎないのかもしれないのに。
がためにトラブルが生じる。希望や夢のためにトラブルはこじれるばかりである。
いったいトラブルはどうしたらいいのか。

「わたしたちはトラブルに直面したとき、常識的な解決方法に固執して、
その枠の中だけで問題を解決しようとして失敗することがあります。(中略)
耳鳴りに悩む人は、どうしたら耳鳴りが聴こえなくなるだろう、と考えます。
そうすれば、ますます耳鳴りが気になります。
ある人は一生懸命、耳鳴りを聴こうとしました。
そうすると、耳鳴りがしなくなったそうです」(P68)


いろいろあんまり狙わないほうがいいんでしょう、たぶんおそらく。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3406-7faf58c2