もてる?

劣等複合(コンプレックス)丸出しの記事を書いてみましょう。
もてるのって、そんなにいいものでしょうか?
というのも、もてると疑問に思うものではありませんか。自分のどこがいいのか?
若いうちは顔がいいだけでもてるみたいですが、それってやましくないですか?
後ろめたいというか、将来が怖いというか、わかりませんかね。
テレビ局のプロデューサーやお医者さん(開業医)も、きっともてるはず。
しかし、彼らは逆に人間不信になりませんか? 
要は利権(コネや地位、収入)に血まなこになっている相手とも思えなくもないわけですから。
芸術家も非常にたいへんもてます。作家、映画監督、画家、音楽家、写真家――。
しかし、自称芸術家はまったくといっていいほどもてないでしょう。
もてるのは評価のある(受賞歴のある)他称芸術家だけです。
このとき芸術家は疑問に思わないんですかね。
かの女は自分ではなく他人の評判を愛しているだけではないのかと。

もてないのが当たり前です。もてたいと思っているうちがハナなのでしょう。
もてたらもてたで人間不信になるのが、おそらくまっとうな人間というものでしょう。
「自分なんかのどこがいいの?」と思っている人間はすてきだと思う。
自分がそうではないから、というのはもちろん嘘です。しつこいが、嘘であります。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3395-8f897976