「中世を旅する聖たち展」

「中世を旅する聖たち展 一遍上人と時宗」(神戸市立博物館)

→昭和63年に神戸市立博物館で開かれた展覧会の図録である。
わたしが古本祭や古書市を好むのは、
こういった思いもよらぬ希少本をときに安価で入手できるからである(500円でした)。
そのような偶然性を愛さなかったら、なんとこの世界は味気ないものになるか。
展覧会の図録というのは(定価で買ったことはありませんが)本当に貴重なものだと思う。
恥ずかしながら芸術鑑賞みたいなことは正直、
生まれがクソ庶民なためでしょうかほとんど縁がなかったが、
たとえ展覧会に行ってもひとつのものをじっと見つめていられない事情くらいはわかる。
図録だったらたしかにコピーだが、気になるものを何度でも見ることができるのだ。
古本祭や古書店のワゴンで投げ売りされる展覧会図録がいかにありがたいか。

一遍の最初の弟子、他阿真教は斜視だったのではないか。
このため、悪人のように一部で思われるのかもしれない。ちなみに、わたしも斜視。
65ページに掲載された「遊行上人縁起記」は、ある真実を語っているような気がする。
日蓮宗の(自分たちを絶対正義と疑わぬ)連中が、時衆の道場に攻めてきている。
あたかも「勘弁してください」と拝むように泣いている時衆の尼さんと、
男根主義というほかない傲慢な日蓮宗徒の視覚的な差は、
根源的な自力と他力の宗派の相違を如実に表現していよう。
とはいえ、時衆とても一遍以降は女人を重んじなかったのはこの図録からうかがえる。
同65ページの「魔仏一如絵」の絵もいい。
踊り念仏をする時衆の尼さんが、いまで言うところのミニスカートなのである。
タイムマシーンが発明されるまで真実は断じてわからないが、
日本ミニスカートの元祖はもしかすると一遍時衆集団なのかもしれない。
一遍もわいせつな踊り念仏もミニスカートも、ひたすらどこまでもいい。好きなのだ。
本書にめぐりあえた偶然に感謝したい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3341-38ee17ec