ガチを仕掛ける

F銀行のグレート・ムラ(過去ログ参照)がプロレスは八百長だとコメント欄で語っていた。
おまえバカか、大学時代に教えてやっただろう、とも。
たしかにプロレスは八百長で最初から勝敗が決まっている。
しかし、完全な八百長というわけでもないと思う。
なかには試合(芝居)中にガチ(リアルファイト)を仕掛けるトンパチがいるからである。
どういうことか説明しよう。
ケツ(結末の勝敗)さえ守っていたら、試合中にガチをちらつかせることができるのだ。
大人だから契約にしたがい勝利は向こうに譲ってやるが、
本当に喧嘩したら自分のほうが強いのだとさりげなく観客に見せてもいいのである。
これはよほど実力に自信がないとできない。
ガチを仕掛けるということは、相手から同様にやり返されても文句を言えないからである。
たいがいの試合は最初から勝負の流れを決めている。
だが、いいプロレスラーほどその場の空気を読んでアドリブで試合を作ることができる。
たとえば、福井県出身、元力士の天龍源一郎はプロレスが抜群にうまい。
会場の空気がだれていると、相手の顔をチョンと蹴ってしまうのである。
いくらプロレスでも顔は攻撃してはいけないとされている。
いや、してもいいのだが、やったら相手から逆に顔を攻撃されても文句は言えない。
相手の技をどれだけ受けられるかという自信が攻めになる。
このため、サラリーマンレスラーは怪我を恐れハードな攻めはしない。
たとえば殴ったふりをして、代わりに相手の技をきれいに受けて大げさに痛がる。
お互いの顔を立て見せ場(セール)を作ってやり最後は負け役が寝る(敗れる)。
いまのサラリーマンレスラーの試合の作り方である。

むかしのプロレスラーはそうではなかった。
だから、見比べたらむかしのほうが動きは単純に見えるかもしれない。
とはいえ、むかしのプロレスは生々しい感情が見(ら)れる。
むかしはいまほどサラリーマン化していなかったのである。
自分を殺して会社の方針に合わせるものばかりではなかった。
むろん相手に怪我をさせてはならないし、会社から干される危険性もある。
けれども、プロレスラーは舐められたら終わりだという自意識があった。
たまにガチめいたものを仕掛けるヤクザもんがいたゆえんだ。
天龍と猪木がやったときもおもしろいのである。
試合中、負け役の猪木は天龍の指をぐちゃっと曲げたそうだ。
言うまでもなく相撲のかわいがりを経験している天龍がこの程度ではひるまなかったけれど。
恥ずかしいことを告白するが、大学卒業後も天龍の試合だけはたまに観戦に行っていた。
本当に天龍源一郎はすごいと思う。やっちゃいけないことをやるからである。
危険ギリギリのことをやっても相手に怪我だけはさせなかったのは、
思い切りがよかったからではないかと思う。躊躇(ちゅうちょ)するから怪我をさせてしまう。
天龍はその場の一瞬に賭けるのがとてもうまいレスラーなのだと思う。
とはいえ、虚弱体質の善人レスラー蝶野(ヤクザキックが得意技)はダメだった。
いつだったか、あれは新日の両国トーナメントではなかったか。
天龍の顔蹴りに蝶野が失神KOされてしまったことがあって大笑いした。
たぶん蝶野が勝つブック(シナリオ)だったと思うのだが、
こういうアクシデントは仕方がないと見なされるのだろう。
ファンである天龍の試合をもうひとつ余分に見(ら)れると嬉しかったものだ。

プロレスのみならず人生もたぶん八百長である。最初から勝敗が決まっている。
生まれつきの国籍、性別、家柄、貧富、頭脳、容姿、性格、能力
――俗に宿命、科学的には遺伝と呼ばれるものはどうしようもない。
名門鳩山家のご子息に勝てる人間なんてそういないでしょう。
二世議員や二世タレントのどれだけ多いことか。
人生でも勝ちが決まっているものと負け役を振られているものにわかれている。
負け役が身の程を知らぬふるまいをすると周囲からボコボコにされることだろう。
グレート・ムラが勤務しているF銀行は同族経営だそうである。
同族経営とは、実力と出世はあまり関係ないということだ。
どれだけ有力な血縁幹部に気に入られるかで出世も左遷も決定する。
たとえ実力が自分のほうが上でもグレート・ムラ銀行員は、ときに汚れ役を演じる必要がある。
相手の顔を立てるためである。将来のために恩を売るとはそういうことだ。
プロレスだけではなく完全な実力社会など、おそらくどこにもないのだろう。
正確にはわかりませんが(うっすらわかっていることも怖くて書けませんが)、
きっと芸術や学問の世界もそれほどいわゆるガチンコ(実力勝負)ではないはずである。
だれかが大勝利するためには大勢が負け役を演じなければならないのだ。
プロレスの世界で言えば、なかなか負けを呑まなかったノアのKが
S学会ではないかと噂されたのはこのためだろう(Kの人気の理由は本当にわからなかった)。

さて、みんなプロレスだろう。人生も社会も学問も芸術もかなりが八百長だ。
たとえば、F銀行のエリート会社員グレート・ムラとこちらでは勝敗が決まっている。
まさか自分が人生の勝負でグレート・ムラに勝つことはできないのだろう。
しかし、ガチを仕掛けることならばできる。
ガチを仕掛けると周囲から危険人物と思われひどく評判が下がるのである。
ムラ社会のルールを知らないのかと白眼視される。
だがそれでも、人はガチを仕掛けることがまったくできないわけではない。
めったにガチなど仕掛けないほうがいいのだろうが、
しかし、それでは負け役は上役(うわやく)に舐められてばかりではないか。
ここぞというときはガチを仕掛けてやると思っていたほうがいいような気がする。
ガチはやってはいけないことだが、それは絶対に絶対というわけではないのではないか。
むろん、勝敗までは動かせない。
人生の負け役はうまく与えられた役柄を演じるのが生き甲斐になるだろう。
勝たなくてもいいのである。というかむしろ大部分の人は勝とうと思っても勝てない。
思えば、天龍源一郎はレスラーの名誉とされるベストバウトの負け役をよくになった。
名勝負にはうまい負け役の存在が必要不可欠なのである。
勝者だけでは人を感動させるプロレスの試合(芝居)はできない。
繰り返すが、あらゆる世界で負け役にも生き甲斐があると思いたい。
そして、ごくたまにならガチを仕掛けてもいいのではないか、とも思いたい。

(追記)プロレスファンだったという過去はなるべく隠しておきたかった。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3318-81ca3174