文明病

今年のはじめにパソコンが異常をきたしたときにはたいそう慌てたけれども、
今朝目覚めて携帯電話が作動しないくらいではもうまったく驚かないのである。
むしろ携帯電話などなくても一向に構わないことを自慢したいくらいの心境だ。
まあ近日中にエーユーショップに顔を出せばいいだけの話だろう。
この機会に通信会社を換えていま大人気のスマホとやらにするのも一興だ。
かといって外出時にネット閲覧する気はないけれども。
これは自慢だが、電話番号変更を伝えたい通信相手はわずか一桁である。

いまはおかしな自慢が一般的だ。
みなさんとは違って(おなじ?)吝嗇(りんしょく)だから収入自慢はわからなくもない。
しかし、多忙自慢と仲間自慢は本当に理解できない。
忙しいからなにが偉いというのか。仲間や友人の数を誇ってどうする?
しかし、とはいえ、忙しいほど偉い、仲間(コネ)が多いほど偉いというのもまた真実だ。
新しい携帯に代えたあかつきにはぜひとも電話帳を増やしたいものである。

パソコンを買い替えるのには1ヶ月近くかかったが、さて携帯電話はいかほどか。
しばらく携帯電話のない生活を経験したいとも一瞬は思ったが、
なんのことはない、それはむかしから変わらぬ日常の生活であった。
むかしから携帯電話のほとんど必要がない孤独な生活をしていたのである。
そして、その孤独をそれほど嫌っていなかった。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3252-c68a2944