真実一路(笑)

たぶん世の中でいちばん迷惑な人は真実一路を歩む御仁ではないか。
真実は人それぞれを理解せず、おのれの道を突き進む。
障害物は目につくかぎりなぎ倒す。
「おれは間違っていない」「あたしは正しい」という主張はみな持っているものだが、
その声が大きいものは迷惑なのである。
だが、大工の息子のイエスのようにごくたまに賢者として称されることもあるから、
自己正当化が絶対的過誤というわけでもないのだろう。
しかし、やっぱり真実一路を大行進するみなさんは迷惑だ。
けれども、迷惑をこうむってはじめて自分というものがわかることもあるから、
かならずしも真実一路も悪いばかりではないのだろう。
かりにもしよしんば、世の中が真実一路ではなく、真実多路だったらどんなにいいことか。
いや、そんなにたくさんなくてもいいのである。
真実二路でも構わない。真実三路だったらもっといい。
「次の中から正しいものをひとつ選べ」の学校教育からは決して出てこない思考法である。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3249-7cbe0d4e