間違えていたのか

あるきっかけで山本周五郎の「青べか物語」を読み直した。
たぶん10年ぶりくらいではないかと思う。
感想がまるっきり変わっているのである。詳細は機会があったら後日書きます。
最近むかしの自分は間違えていたなと思うことが多い。
年をとったためかもしれない。あのときのあれはよくなかった。
しかし、そのときはどうしようもなくそれを正しいと思っていたのである。
そして、そういうわたしだからこそ。
もしかしたら他人はわたくしごときにあんなに親切にしてくれたのかもしれない。
ならば、正誤はないということだ。
おそらくいまのこの考えも10年後の自分は(もし生きていたら)否定するだろう。
正しいものはない。しかし、正しいものはある。
いまこのときの真実だけが瞬間的に正しいのだと思う。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3242-ed5ffec4