FC2ブログ

「大無量寿経」

「仏説無量寿経」(康僧鎧訳/「浄土三部経」本願寺出版社) *再読

→浄土三部経は、浄土宗、浄土真宗が根本経典とするもので、
大無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経の3つのことをいう。
それぞれ説く内容を簡潔にまとめるならば、
本願(大無量寿経)、念仏(観無量寿経)、浄土(阿弥陀経)となるだろう。

さて、本願を説いたのが浄土三部でもっとも長い大無量寿経である。
この仏典のキモは以下であろう。

「わたしは誓う、仏になるときは、必ずこの願(がん)を果しとげ、
生死(しょうじ)の苦におののくすべての人々に大きな安らぎを与えよう」


もちろん、大無量寿経は釈迦の真説ではなく、後世の人が創作したものである。
言うなれば、フィクションである。
このフィクションの核になったのは、ここである。
だから、この誓いは文意では法蔵菩薩のものなのだが、
「わたしは誓う」と宣言したこの「わたし」は、
まさにみなさんやわたしとまったくおなじ人間だと思うとき、
虚構(嘘)や真実(本当)といった区別を超えて人間を揺り動かすものがあるのだと思う。
人間は汚らしいもんで悪念や邪念のとりこだが、
しかし同時に「仏になる」などという大きな目標を持つものなのである。
大無量寿経では多くの「願(がん)」が説かれているが、
ひとつに要約したらこうなるだろう。

「わたしは哀れみの心をもって、すべての人々を救いたい。
さまざまな国からわたしの国に生れたいと思うものは、
みな喜びに満ちた清らかな心となり、
わたしの国に生れたら、みな快く安らかにさせよう」(P20)


すべての人々を救いたい! みなに喜びを与えたい!
そんなわたしの国を作りたい!
法然も親鸞も、この心をもってして、念仏というものを考えついたのである。
そして、どんなに悪ぶった人の心中にもおなじような気持があるのではないか。
仏典なんてものは絵空事だが、核となる願いは普遍なのだろう。
この願いを信じようというのが、浄土教全般に通底する基本姿勢だ。
人間の救いたい、救われたいという願いを重んじるのが浄土教なのである。

「この世(願い)→仏の国(救い)」

仏になりたいと誓ったわたし=法蔵菩薩はどうなったか?
釈迦が弟子の阿難に仰せになるところでは――。

「法蔵菩薩はすでに無量寿仏という仏になって、現に西方においでになる。
その仏の国はここから十万奥の国々を過ぎたところにあって、
名を安楽という」(P47)


大無量寿経は1/3で結論が出てしまうのである。
たぶん内容としてはここで終わってもいっさい問題はなかったはずである。
内容は、仏になると誓った人間がいて、この世ならぬ「仏の国」ができた。
人間がいま生きているところの世界を完全に否定しえた瞬間である。
釈迦でもできなかったことを、釈迦の名において大無量寿経作者はしたのである。
釈迦の教えでは修行が必要なため、残念ながらすべての人々を救うことはできない。
だから、別の人が仏になって、さらに「仏の国」を作ったのである。
どんなにいまここで生きているのが辛くても、いまここを超越した「仏の国」がある!
人間はこの世で苦しむ存在というだけではない。
人はこの世ならぬ世界、つまり「仏の国」を思うことができる。
いまここにありはしない「仏の国」を思うこと、それが救いである。
これが大無量寿経に込められた、
すべての苦しむ人間を救いたいという願いの実現である。

「いまここ(苦)→(願い=嘘=妄想)→仏の国(楽)」

以下、この世における苦しみの詳細が延々と書き綴られている。
この世の苦しみを強調すればするほど、
「仏の国」を願う気持が強まるからこれでいいのだろう。
三世因果説をしつこいほど繰り返しているのが、宿命思想が好きなわたしには心地いい。
逐一、紹介したいと思う。
これは仏典に書いてある真実だから、批判は受けつけない(笑)。

☆(過去世)悪い行い→(現世)貧乏人
☆(過去世)強欲、ケチ、人に施さない→(現世)貧乏人
☆(過去世)功徳を積む→(現世)王様
☆(過去世)慈悲、人助け、人と争わない→(現世)王様
☆(過去世)善い行い→(現世)美人、イケメン、尊敬される
☆(過去世)功徳を積む(現世)美しい衣服、すばらしい食事(以上P64~66)
☆(過去世)五逆十悪→(現世)貧乏人、被差別者、孤児、友人ゼロ、孤独死
☆(過去世)五逆十悪→(現世)不具、片輪、きちがい、白痴、低学歴
☆(過去世)人を慈しむ、親孝行→(現世)高い身分、裕福、高学歴(以上P112~113)


みんな過去世のせい!

まだわからない方がいそうなので本文を読んでもらおう。

「あるものはこの世で難病をわずらい、死にたいと思っても死ぬことができず、
生きたいと思っても生きることができないで、
罪の報いを世の人々の前にさらすのである」(P130)


本願寺教団の現代語訳は穏便で不満だったから、ここが痛快だった!
罪の報いを世の人々の前にさらすのである!
罪の報いを世の人々の前にさらすのである!
罪の報いを世の人々の前にさらすのである!
重要なところなので3回繰り返したが、まだ足らないかもしれない。
もしあなたが不幸だとしたら、それは罪の報いを世の人々の前にさらしているのだ。
ならば、あなたがかりに不幸だとしても、いっさいいまのあなたに責任はない。
あなたが低学歴なのはいまのあなたのせいではない。
あなたが貧乏なのはいまのあなたのせいではない。
あなたがブスやブサイクなのはいまのあなたのせいではない。
あなたが出世(成功)できないのはいまのあなたのせいではない。
これは究極の救いではないかと思う。
さらに大無量寿経は我われを救ってくださるのである。
法然や親鸞が注目したのも内容的にはここになろう。
以下の引用文が大無量寿経の救済の根本である。
おっと、そのまえに苦しみの正体を明かしておこう。まずは苦しみの実相からだ。

「人は世間の情にとらわれて生活しているが、
結局独りで生れて独りで死に、独りで来て独りで去るのである。
すなわち、それぞれの行いによって苦しい世界や楽しい世界に生れていく」(P99)


☆(過去世)→独り生れ(善い行い)独り死ぬ→(未来世)楽しい世界
☆(過去世)→独り生れ(悪い行い)独り死ぬ→(未来世)苦しい世界


善悪と苦楽にもてあそばれる人間の救いはどこにあるのか?
大無量寿経および浄土信仰の急所はここだ!

「一生涯、努め励み苦しんだとしても、それもほんのしばらくの間であって、
後には無量寿仏の国に生れてきわまりない楽しみを受けるのである」(P109)


どんなに現世が苦しくとも、後には無量寿仏の国で永遠に楽しめる!
GWや夏休みに海外旅行の予約をしていたら、どんな辛い仕事も耐えられる。
むしろ、海外でどんな楽しいことがあるのか想像したら、
率先して骨折りな仕事をやりたくなってこないか。
人が嫌がる仕事でも長期休暇のことを考えたら、まあやってみるかとなる。
そして、「仏の国」はどこのレジャー地よりもはるかに楽しいのである。
しかも、この長期休暇には終わりがない。
もうこの辛抱だらけの娑婆(しゃば)に帰ってくる必要がないのである。
もちろん、どうしてももう一度苦しみたかったら帰してくれると思う。
この長期海外旅行(「仏の国」)は永遠というほどの期間である。
ならば、この世のわずか長くても百年くらい大したことがないではないか。
以上が親鸞の愛した大無量寿経の内容だ。

「大無量寿経=無期限極楽旅行の予約券!」

*赤字が多いため書き手が狂ったかのように見えるかもしれませんね。すんません。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3203-deeabee4