FC2ブログ

「山田太一、小此木啓吾、「家族」を語る」

「山田太一、小此木啓吾、「家族」を語る」(PHP研究所)絶版 *再読

→ねじり鉢巻きをして自己啓発書やビジネス本を血まなこで速読するのもいいけれど、
好きな作家のイージーでチープかつルーズな絶版対談本を
だらだら酒でものみながら亀のようにゆっくり再読するのもまた楽しい。
本書を読んで、もしかしたら個性的な人間とは嫌なやつのことではないかと思った。
こちらはいままでほとんどだれからも褒められたことがないので、
もうやけくそになって人目をはばからず自画自賛をすると(てへへ♪←かわいく!)
わたしのどこがすごいかと言ったら古今東西の戯曲代表作をまあほとんど読んでいるからだ。
たいがいの研究者は専門外国語の枠にこだわるのが流儀らしいので、
これほど国や時代にこだわらず、言わば節操なく劇作を読み漁っているものはいないと思う。
世界万国、時代いっさい問わずに、だ。
万が一おられたとしても、感想をこうしてブログに残しているものはたぶんいないだろう。

いかにも嫌なやつらしく自分を厚顔にも持ち上げたあとに、
ついでだからとあまりにも多くの人間から褒められている現代日本のドラマ作家、
山田太一先生にもいくばくかのあまり意味のない賛辞を差し上げておくと(当方が無名ゆえ)、
どうしてかの先生が偉いかといったら
古今東西の劇作をあらかた読破した当方が(まったく生意気にも←ごめんなさいですm(__)m)
日本最高峰の劇作家であると評しているからである。
物怖じせずはっきり言っておきたいが、
日本のテレビドラマのなかでいちばんだと申し上げているわけでは断じてない。
ギリシア悲劇やシェイクスピア、ノーベル賞劇作家、近松門左衛門等と比較して、
山田太一は日本がほこる最高位のドラマ作家だと主張しているのである。
まだ存命の作家をこのように持ち上げるのはおべっかのように思われるかもしれないが。
所詮は好き嫌いに過ぎない作品感想を大仰に語っているのはおかしいのかもしれないが。

さて、世界各国各時代の劇作を、「ただおもしろいものを読みたいから」
という理由で無意味にも無目的にも読み漁ったわたしが
もっとも好きなのはどこの国のものかと問われたらイギリス演劇になる。
やはりシェイクスピアの伝統があるからかもしれないと思うけれど、
こちらはお偉い学者先生からは程遠い単なる台本マニアに過ぎないので断言は避ける。
無名のこちらの意見など、どうでもいい。
本書に山田太一氏があるイギリスのテレビドラマを見た感想が記録されている。
なんでもイギリスで視聴率50%を取ったテレビドラマがあるそうだ。
タイトルは「傷だらけの報復」で、もちろんわたしは未見だ。
「社会の底辺で生きる女性たちが、
それより優位にいる男たちに対抗して勝ってしまう話」だという。
以下、山田太一氏のお言葉を勝手ながら迷惑をかえりみず引用させていただく。
イギリスのテレビドラマは日本のものと人物の描き方だけはくっきり違うらしい。

「要約して言うと、一人として文句なく愛せるような人物がいないのです。
みんなあまり美しくないし、欠点をたっぷり持っているし、
いやらしいくらいの人たちばかりなのです。
これは日本の若くて綺麗で、
好人物ばかりのテレビドラマを見慣れている私には、異世界でした。
特別、嫌な人間ばかりのドラマを作ったのではなく、
人間はこんなものだよ、という共通の感覚があるのだと思いました。
日本でこんな「醜い」人たちのドラマをやったら、
五〇%はおろか、五%もとれないかもしれない。
日本は「いい人間」になれ、
という社会の欲求のかなりキツイ社会なのだなと意表をつかれた思いでした」(P98)


わたしが英国演劇を好きなのは、嫌なやつが多く出てくるからだと気づく。
思えばわが尊敬するユージン・オニール(アメリカ)や
ストリンドベリ(スウェーデン)の芝居にも嫌なやつが大量に登場する。
考えてみたら、わたしは嫌なやつというのがそう嫌いではないのかもしれない
嫌なやつを見かけると微笑んでしまうところがどこかにある。
嫌なやつもまたいいものだ。おかしいのかもしれないが、嫌なやつもまたよろしい。
山田太一ドラマでとっさに思い出すのは「ふぞろいの林檎たち2」の中井貴一の上司や、
「想い出づくり」の田中裕子を食ったと自慢する上司だ。
どうしてか嫌なやつのことが好きである。
作者は嫌なやつではないと知りつつも、山田太一ドラマが好きだ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3195-920b68d6