FC2ブログ

「春日原まで一枚」

「春日原まで一枚」(山田太一/「月刊ドラマ」83年6月号/映人社)絶版 *再読

→テレビドラマシナリオ。昭和49年放送作品。東芝日曜劇場。
ほんといいドラマだよな。自分が吃音持ちということを差し引いてもいい。
わたしが生まれる2年前のドラマか。
この時代には吃音青年のうじうじした悩みにもテレビドラマから光が当てられたのか。
現代にも割合においては一定数どもりの人はいると思うのだけれど、
まさかいまのテレビドラマがそんな暗いテーマを取り扱うはずがない。
万が一あってもかならず障害者=絶対善のような扱いになるはずだ。
山田太一ドラマの魅力は語り尽くされるものではないと思うが、
そのひとつは激しさにあると思う。
むろん、激しさを描くためには静けさも必要だ。
会社で上司のミスをかぶり(定年後のことを考え)「それが世渡りってもんだよ」
とあきらめヒラに降格された父親(利夫)と、
最近またどもりがひどくなった時計職人の息子(邦男)が屋台で酒を酌み交わしている。
といっても安いコップ酒だ。

邦男「お父さん」
利夫「――」
邦男「お母さんから、くわしく聞いたよ」
利夫「ああ(とうなずく、目は伏せている)」
邦男「濡れ衣(ぎぬ)着ちゃったんだってね」
利夫「お母さんは、会社というものを知らないからな」
邦男「ぼくも知らないけど、ぼくはお父さんの立場分るよ」
利夫「そうか?」
邦男「お母さんの言うように、単純にはいかないよね。
 理屈に合わなくたって我慢してなきゃならない時だってあるよね」
利夫「お前も、そういう思いをしたことあるのか?」
邦男「そうそう自分を通してばかりはいられないさ」
利夫「そうか――」
邦男「ぼくはお母さんが、ひどいと思ったよ。
 我慢してるの見たくないなんてそんな言い草ないよ。
 誰だって我慢したくて我慢してるわけじゃないんだ」
利夫「お前は、なにを我慢してるんだ?」
邦男「大したことじゃないよ」(P57)


我慢しろよ。大人になるということはそういうことだ。
家にいる女は世間の厳しさをわかっちゃいねえ。
言いたいことを言ったら途端に食い詰めてしまうのが世間ってもんだ。
どうしようもないことは我慢するしかない。
上の人の言うことにゃ逆らっちゃいけない。
正論がまかり通ると思うなよ。人生、そんなもんだ。我慢、我慢だ。
ところがしかし、これは現実ではない。ドラマだ。山田太一が描く激しいドラマだ。
我慢のたいせつさも正論の重みも熟知した脚本家の書いたドラマだ。
ある日、父親は決起して社長に直談判する。
クビになるかもしれないが本当のことを言う。
息子の邦男もなにか我慢をしていた。
父親の社会人としてはあるまじき蛮行を知って息子も立ち上がる。
両親には「終電までには帰るよ」と言う。
「お父さんの真似だよ、ぼくも。言うだけは言ってみるよ」
いったいどもりの邦男はなにを我慢していたのか。
邦男はある家を訪問する。床の間に結納の品が積まれている。
この家の娘はもうすぐ結婚するようだ。邦男はこの娘に逢いに来たのである。
「いらっしゃい」と裕子という娘は言う。

裕子「(明るくしようとして)なに、そんな所にいて。
 どうぞ(上座)こっちへ来て下さい。おかしいわ、お客さんが」
邦男「(うなずき、上座まで行かず、しかし近づきながら)結納すませたんだね」
裕子「ええ――」
邦男「あ、あ、あの――」
裕子「おめでとうって言って下さるの」
邦男「(激しく首を横に振る)」
裕子「(ハッとして)どういうこと?」
邦男「お、お、おそすぎることは分ってるんだ」
裕子「――」
邦男「ぼ、ぼくの、う、うちは金持じゃないし、ぼくは、時計屋のつとめ人だし、
 じょ、じょ、常識から言って、
 ぼくが、君、とつ、つり合うとは、どうしても思えなかった」
裕子「――」
邦男「ぼ、ぼくが、き、きみを欲しいと言っても、反対されて、
 とてもうまく行くわけがない、と思った」
裕子「――(目を伏せる)」
邦男「ぼ、ぼくは、じ、じ、自信がなかった」
裕子「私は待ったのよ」
邦男「(うなずく)」
裕子「あなたは、とうとうなにも言わなかったのよ」
邦男「け、結婚するの、やめてくれないか」
裕子「(見つめる)」
邦男「(激しく見つめ返す)やめてくれ。ぼ、ぼくが御両親に話す。
 おそすぎたのは、わ、わるいが、ぼくは、やっぱり、
 君が他の奴と結婚するのは、いやだ」
裕子「――」
邦男「うんと言ってくれ、うんと言ってくれ」
裕子「(見つめている)」
邦男「ぼ、ぼくは、ぼくなんかって、すぐ思って、すぐ劣等感が湧いて、
 すぐ諦めることばかり考えて――それが、ぼくの欠点だ。
 ぼくは、そのために、き、きみを、に、にがすところだった。
 ぼ、ぼくは、ぼくの欠点を、克服する。
 ぼ、ぼくは、絶対に、君をは、はなさない。 (それは異常なくらいの激しさで、
 吃(ども)り、吃り、その吃りを一つ一つ克服する強さで言う)」
裕子「(見つめている)」
邦男「あ、あらためて、御両親には話す。今日は、き、きみの返事が欲しい。
 ゆ結納を、と、とり消す、と言ってくれ。
 ぼ、ぼくの、ぼくの、ぼくの――お、お嫁になる、と言ってくれ。お嫁に、なるって」
裕子「(涙が溢れる)」
邦男「いいね? いいね?」
裕子「(涙を溢れさせたまま邦男を見ている)」
邦男「ど、どうなんだ、ぼ、ぼくについてくるのか? ついて、くるのか?」
裕子「(うなずく)」
邦男「(嬉しく、激しく、うなずく)」
裕子「(顔をおおってしまう)」
邦男「(嬉しく、しかも、疲れて、ハァハァ息をし、
 涙が出て来て、顔が歪んだり、いろいろになってしまう)」(P61)


ほんといいシーンだよな。涙があふれてくるじゃないか。
こんなことはたぶん人生にはないだろうけれど、あったらどんなにいいことか。
こういうシーンを見るだけで、どれだけ我われの気持が救われるか。
わが36年の人生をかえりみるに、これはどう考えてもフィクションである。
こんなうまいこといくわけがない。
夜中にこんなバカなことをしたら結納を済ませた相手の家族に笑われるのが現実だ。
世間知らずと嘲笑され野良犬のように追い出されるのが現実だ。
それがわたしの知っている現実だ。現実は甘かない。
期待したらかならずと言っていいほど裏切られるのが現実だ。
しかし、現実だけではやりきれないじゃないか。
こういうこともときにはあると信じたいじゃないか。
現実がそうじゃないからこそ、こういう嘘にすがりつきたくはならないか。
激しくもだえるような思いで山田太一ドラマの嘘にしがみつきたくなってしまう。
どうして山田太一さんはこんなにも人をとりこにする嘘がうまいのだろう。
表面上は温厚な脚本家の激しさはどこから出てくるのだろう。
だれにだってきっとその激しさはあるのである。
このため、大勢の山田太一ファンがいるのだと思う。

*いちおう以前読んだときの感想↓
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-980.html

COMMENT

- URL @
11/05 11:53
管理人のみ閲覧できます. このコメントは管理人のみ閲覧できます
Yonda? URL @
11/05 19:20
yocchinさんへ. 

> 「春日原まで一枚」
> comment
> はじめまして。 山田太一さんの「春日原まで一枚」の> シナリオが読みたくて検索したら、こちらに来ました。
> どこかこの号の月刊シナリオを置いている図書館をご存知ありませんか?

どうしてわたしがそれを知っていると思われたのか、ぜひ実名記載のメールで教えていただきたいのですが?
yocchin URL @
11/08 07:13
春日原まで一枚. yocchinこと尾原と申します。
ごめんなさい、前回のメール「月刊 ドラマ」の間違えでした。今、脚本の勉強をしています。数ヶ月前の月刊ドラマのテレビ朝日のコンクールの総評を読んだ際、審査員の脚本家からこの「春日原まで一枚」が話題に上がったので興味を持ち、是非シナリオを読んでみたいと思った訳です。
Yonda?さんはこのシナリオをどのような形で読まれたのかわからないのですが(もしかして、お持ちですか?)、もしこのような古い雑誌「月刊ドラマ」を読むことができる図書館なりをご存知なら教えて頂きたいな、ということです。
Yonda?さんの記事を読み、ますますこのシナリオを読んでみたいと思うようになりました。
舌足らずで本当にごめんなさいでしたm(_ _)m。
Yonda? URL @
11/08 22:49
yocchinさんへ. 

むかしけっこう割高な値段でネット古書店から購入しました。
たしか北海道の古書店でした。
図書館は利用しないのでよくわかりませんが、
国会図書館ならあるんじゃないですかね。

まあ、そこまで探して読む価値があるかもわかりません。
山田太一さんのシナリオのなかで最上級というわけでもありませんので。
およそ40年まえのドラマです。
yocchinさんはお生まれでしたかどうか。

「古本ひばり堂」はわたしもむかしお世話になりました。
安くていい古本屋です。

「古本ひばり堂」
http://hibari.ocnk.net/
yocchin URL @
11/09 11:25
ありがとうございます. こんにちは。ご丁寧にありがとうございます。
そうですね、国会図書館はどんなもんか、一度行ってみようと思っています。今まで、ひとの書いたシナリオを読んできませんでしたが、最近ようやく目覚め、気になったものはとにかく読みたくて仕方なくなりました。
時々はこちらのサイトにも寄らしてもらいますね。
いろいろありがとうございました!
Yonda? URL @
11/10 07:17
yocchinさんへ. 

他の図書館の所有の本を近場の図書館に移してもらうサービスもあるらしいですから、どうかよくお調べになってください。いまはネット検索という果てしないほど便利なものがありますので。調べるといろいろわかると思います。お役に立てなくて申し訳ありませんでした。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3192-b3eee0d1