FC2ブログ

「避暑地の猫」

「避暑地の猫」(宮本輝/講談社文庫) *再読

→宮本輝は仏教者である。類いまれな天才仏教文学者である。
仏教には大乗仏教と小乗仏教があるが、天才はどちらの資質も併せ持つ。
大乗仏教というのは、要するに欲望を肯定した宗教である。
宮本輝は徹底的に人間の欲望を肯定する。

「邪淫ほど甘いものが、この世にあろうか」(P43)

「私、お金持ちになりたいわ。
口じゃなくてお金で、何もかも食べてやりたいわ」(P73)

「私は復讐してやる」(P195)


大半の人間は邪淫を味わえない。金持になれない。復讐もできない。
このため、邪淫、金持、復讐を描いた「避暑地の猫」は、
多くの読者から支持されたのである。
これはまさしく大勢の人間を救おうとした大乗仏教精神の発現といってよい。
たぶん、作家は邪淫を経験できなかったことから小説を書いている。
さらに、仏教徒でもある著者が復讐を敢行できたとは思えない。
しかし、お金持になることはできたようである。
大乗仏教の信者ならば、裕福は恥ずべきことではない。
宮本輝の恐ろしいところは小乗仏教的な感覚も持っていたところである。
創価学会員の作家は、小乗仏教の教えを虚無と同一視した。
小乗仏教は「生きることを捨てた」思想と宮本輝は思っていたようだ。

「志津の表情には、自分の母を死に至らしめたぼくへの憎しみが、
ひとかけらもなかった。何かを悟りきった、別の言い方をすれば、
生きることを捨てた人特有の、どこかあっけらかんとしていて、
なおかつある種の粘着力を感じさせる光を、
その垂れ目気味の丸い目にたたえていたのだった。
そして、生きることを捨てたという表現を使うならば、
ぼくとて同じだったのだ」(P146)


この「生きることを捨てた」粘っこい目に引かれてわたしは宮本輝を愛読した。
作者の粘着力のある視線があるため初期小説の「避暑地の猫」はとてもよかった。
だが、どうやら成功を重ねた小説家は後年、小乗仏教精神を完全に捨て去ったようである。
これは断じて善悪や正邪で審判されるべきものではないと強調したいが、
たまたま菩提心のないわたしは宮本輝の過剰な大乗仏教精神に拒否反応を示した。
過剰な大乗仏教精神とは、端的に言えば説教臭いということ。
とはいえ、説教されるのを快く感じる読者もいよう。人それぞれだ。
要はそれだけのことで、だれが正しいわけでも間違っているわけでもないのだろう。
いまでもわたしは「邪淫を味わいたい」し「金持になりたい」し「復讐したい」けれども、
同時に「生きることを捨てた」どうにでもなりやがれという、
投げやりな底知れぬ虚無を有し、自堕落で退廃的な精神もまた失っていないのである。
できましたら、こちらも善悪や正誤で裁いてほしくありません。

COMMENT

通りすがりのおぢさん URL @
11/22 22:33
. たまたまここへ辿り着きました。
私も全く!実に全く同じ理由で、ある時期から氏の作品を読まなくなりました。何か説教臭いオルグを感じ始めてしまったのです。とは言え、氏の初期作品で何度も号泣し(本を読んで涙が止まらなかったのは初めてでした)生きる勇気を貰ったことも事実です。
もう氏の作品に何年も触れていませんが、なんだか最近のものを読んでみたくなりました。
長文失礼しました。
Yonda? URL @
11/24 00:53
通りすがりのおぢさんへ. 

わたしも近刊を読まなければと思っていますが、
いざ上下巻3000円以上を払って、
むかむかするだけの説教を読まされる羽目になると
ブログになにを書いてしまうかわからなく、
そんなことをしたら(一応実名ブログなので)、
権力者でもある日本を代表する作家になにをされるのか恐ろしくて、
こうして過去の名作を再読しているしだいであります。
ダダ URL @
11/24 22:01
. ブログになにを書いてしまうかわからなく……
というところが実にいいですね
Yonda? URL @
11/27 22:35
ダダさんへ. 

テヘッ(舌を出し照れ笑い)♪








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3130-9d4e851b