FC2ブログ

「星々の悲しみ」

「星々の悲しみ」(宮本輝/文春文庫) *再読

→宮本輝の初期短編小説集を読んで思ったことをつらつらしたためる。
宮本輝は井上靖から「さみしさ」を継承しているといえよう。
以下の引用部分など、いかにも井上靖の小説のようである。
浪人生の「ぼく」は星が見たくなり望遠鏡を持つ高校の同窓、勇のところへ行く。

「ぼくは時間も忘れて、望遠鏡にしがみついた。
「さびしいもんやなァ」
ぼくは心からそう感じて呟いた。
「うん、さびしいもんやろ」
勇も同じように呟いて、それきり黙ってしまった」(P47)


しかし、宮本輝は孤独=「さみしさ」を克服するのである。
なんによってか。新興宗教の仲間との連帯からである。
宮本輝の小説は、異常なほど人と人との距離が近い。
いきなりおなじアパートの住人がシュウマイを土産にやってくるのだから。
訪問のみならずズカズカと上がりこんでくる。
これは創価学会の流儀で、戸別訪問や家庭訪問といわれている。
むかしだから人と人との距離が近かったわけではないのである。
宮本輝の描くのは学会員さんで、われわれとは少し頭の回路が異なるのである。

「俺、何をやっても、あいつには勝たれへんような気がしてたけど、
やっぱりそうやったなァ」(P55)


登場人物がいちいち勝ち負けにこだわるのも創価学会の教義と関係している。
宮本輝の小説を読んで感心するのは、どんなときでも金銭をないがしろにしないところだ。
かならずなにをして食べているか異常なまでの執念をもって書き込んでいる。
人になにかを頼むときは絶対といってよいほど金品を差し出すのもおもしろい。
人は金品以外ではなかなか動いてくれぬことを宮本輝は腹の底から知っているのだ。
実際、金がなかったらお話にならないのだから当たり前である。
登場人物が金に執着を見せぬ村上春樹の小説など宮本輝は断じて認めないだろう。
人間は金のために生きるのかもしれない。
金は稼ぐほかに盗むという手もある。
どうしてこんなに宮本輝の小説に窃盗の主題が頻出するのかわからなかったが、
本書を読んであれは前世での借りのイメージになっているのではないかと気づく。
相手から金を盗んだらそれは借りとなるではないか。
宮本輝の信仰に従うならば、現世で不幸なのは前世で借りを作ったからである。
このため現世における貸借の象徴として窃盗行為がたびたび描かれるのかもしれない。
個人的な感想だが、手癖が悪いやつにはかなわないという思いがある。
わたしは育ちが関係しているのか、どうしても盗むことができない。
人のものを平気で盗む宮本輝の世界の住人には生命力でかなわないと思ってしまう。

初期作品ながら早くも創価学会の比喩として病院が取り上げられている。
井上靖から継承した「さみしさ」を創価学会で克服したのが宮本輝である。
結核で入院した寺井は、おなじ病室の戦友ともいうべき患者を見て思う。

「朝食が配られて、みんな思い思いの方向に体を向けて丸椅子に坐り、
無言で食パンを頬張り始めた。二年間、寺井は毎朝、
この味気ないぱさぱさのパンを銀紙に包まれた小さなマーガリンで塗りたくり、
冷たい牛乳で無理矢理飲み下してきたのであった。
高嶋さんは八年間も、二階のおばちゃんは十年間も。そう思った瞬間、
寺井は、いったいこの人たちは誰であろうかという思いにかられた。
自分にとって、金さんやケンちゃんや、ヒデさんやトウホクさんは、
いったいどんな意味を持つ人間なのであろうか。病気にさえならなければ、
決して知り合うこともなかった縁もゆかりもない他人ではあったが、
そのときの寺井には、それが単なる偶然であるとは思えなかったのだった。
同じ病院の一室で、長い辛い日々を暮らすはめになることを、
もうとうから約束しあっていた、深い間柄の人たちに思えて仕方がなかった」(P216)


これは創価学会でいうところの宿命転換が起こった瞬間なのかもしれない。
前世からの因縁があると信じられる仲間たちを得たときの感動はどれほどか。
宮本輝の「蛍川」が芥川賞の候補作になったとき、
関西の創価学会は一丸となって同志の受賞を祈願するお題目を送ったという。
そんな仲間がいてくれたらば、ともに闘ってくれたら、
どんな不幸な境涯にいようが苦しかろうが人生に勝利できるのではあるまいか。
孤独などよりも美しい連帯を書きたいと宮本輝はエッセイで語っている。
しかし、創価学会に入らないと、そのような仲間はめったに得られないのである。
経験したことがあるが、学会員さんは仲間以外にかなり厳しいところがある。
連帯どころか村八分を仕掛けてくるのが学会員さんともいいうる。
とはいえ、創価学会になじめたらこんな幸福なことはないのである。

わたしは宮本輝が好きで好きで、氏の愛読したという小説を片端から読んだ。
最後に創価学会まで行き着き、どうしても入っていけない世界を感じてしまった。
しかし、いま仏教に興味を持っているのもすべて宮本輝の影響である。
わたしは宮本輝にとって、ブッダに反逆したダイバダッタのような存在なのかもしれない。
もしかしたらダイバダッタはだれよりもブッダを愛していたのかもしれない。
ほかのだれよりもブッダを理解していたから、
ダイバダッタはかつての師に反旗をひるがえすことができたのではないだろうか。
いや、いささか妄想が過ぎた。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3128-efd3488c

「付き合うのはOKでも結婚はNG」と男が思う女の特徴10個【3/3】  恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~  2012/09/28 21:03
前回の記事、および前々回の記事では、ライフスタイル・ジャーナリストで男女の結婚事情に詳しい吉野ユリ子さんからのお話をもとに、「こいつとは結婚は無理だな」と思われる女性の...