FC2ブログ

「百五十讃」

「百五十讃」(マートリチェータ/奈良康明訳/「原始仏典」筑摩書房)

→作者は2世紀の仏教詩人らしく、これは「ほとけさまバンザーイ」という讃歌。
いかにも大乗仏教という文句が並ぶ。
学問的なことはさっぱりわからんが、作者が書いていて楽しそうなのがよろしい。
原始仏教は抹香くさくてかなわん。
欲望をなくせ。生に喜びはない。みんな捨てろ。喜びも悲しみも捨てろ。無だ。寂滅だ。
じゃあ、なんだい? 廃人にでもなれって言うのかよ。 
と石あたまの釈迦には舌打ちしたくなる。
比して、大乗仏教的と言われる「百五十讃」は喜びと悲しみを肯定しているのがいい。
ブッダよ、あなたは――。

「17 あなたは人のために生命をすてて
しかも歓喜(よろこび)にあふれていた
それは死から蘇生(よみが)えった人の
歓喜(よろこび)にもまさっていただろう」(P326)


生きているんだから、喜びはあってもいいだろう?
出家して悲喜ともども滅してしまうのでは、せっかく生まれてきた甲斐がないではないか。
歓喜(よろこび)はいいものだ。生命バンザーイ!
ならば、そうであるならば、喜びだけではなく悲しみもまたいいのかもしれない。
喜怒哀楽それぞれに生きている味わいがあるとは考えられないか。
たとえ絶望でさえ、だれかがそばにいてくれたら、その味を堪能することができやしないか。
もしかしたら完全に孤独なときにも、だれかがわれわれのそばにいてくれるのではないか。
いないかもしれないが、だれかがいてくれると思うと救われる。
いや、きっとやさしいほとけさまがいてくださる。
あなたはいらっしゃるはずだ。そして――。

「104 絶望するものがあればなぐさめ
安らかに生きるものには好意を示し
災厄(わざわい)に会うものをあわれみ
すべての人の幸福(さいわい)をねがっていた」(P333)


まるで遠藤周作の描く同伴者イエス・キリストのようだが、
寄り添ってくれる存在というのは、各宗教に共通する絶対者のイメージとしてあるのだろう。
われわれはひとりだけれども、ひとりではない。
孤独なときにも、たとえ絶望していても、きっとだれかが同行してくれている。
だれかが横に影のように寄り添って一緒に歩いてくれている。
そんな自分のことを見守ってくれている存在がいるに違いない。
その人の名をなんと呼ぼうか。
もしそれがブッダだとすれば、実のところブッダは死んでいないのではないか。
味気ない原始仏教が打ち倒されるのはこのときである。
喜びと悲しみはいきいきとした精彩を取り戻し、このとき新たなブッダが誕生したのだ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3118-a158e3b5

好きな男の前で「痛い女」になっちゃう理由が判明【後編】  恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~  2012/09/18 13:03
前編では、オトコの前でイタイ女になる心理学的な理由について紹介しました。そこには、自己呈示という相手によく思われたく、相手が抱く自分自身の印象をコントロールしようとする...