FC2ブログ

「人生の流儀」

「人生の流儀」(城山三郎/新潮文庫)

→経済小説の大家(らしい)城山三郎の名言集。
たぶん小説というのは、人をいかにうまくだますかなのだろう。
嘘ばかりついていては読者は信用してくれない。
だから、これを言ってしまっていいのかと思うほどの本音をぶちまける。

「サラリーマンというものは、だるまとおなじなのだ。
手をもがれ、足をもがれて行くうちに、最後に円満になって落ち着く。
辛抱して、だるまさんになるんだ」(P15)

「サラリーマンになることは、
「人間関係についてえり好みができぬこと」を承認し、
そうした人間関係に耐えることを約束することだ、と思う」(P39)


思わずギョッとするような本音である。
読者はもしやこの作家は本当のことしか言わないのではないかと思う。
そう思わせたら、今度は嘘で客をもてなす。
出世できなかったサラリーマンはこれらの言葉にどれほど慰められることか。
いや、最後まで出世できないと決まったわけではない。

「当り前のことだが、人間ひとりひとり皆ちがっている。
だから、ひとりひとりの人生がちがうはずである。
早熟の人もあろうし、晩成の人もあろう。
自分がどういう人間であるかをよく見きわめて、毎日の生活においても、
人生の設計においても、自分の時計に合わせて生きて行くことである」(P64)


後輩に出世競争で敗れたサラリーマンにこの言葉がどれほど甘く響くか。
まだまだこれからであると自分をだませ! あなたは間違っていない!

「時代に合わせて生きるのではなく、わが生き方をしかと選び、
根気よく歩み続ける。そうした骨太な人生に、時代の方から頭を下げて、
歩み寄ってくる、という気がしてくる」(P71)


サラリーマンのみなさん、生きていたらかならずいいことがあります!
平社員のあなただって、立派に幸福なのですよ。

「有名になり、人気者になって、注目を浴びることは、決して幸福ではない。
知る人ぞ知るという形で、ひっそりマイペースで暮らすことこそ、
何よりの幸せ、である」(P92)


出世できずに定年を迎えたサラリーマンに贈る言葉はこれである。
あなたは成功者だ! あなたは偉い!

「人生の成功は、どこに行ったというんじゃなくて、
どういう旅をしたかっていうことですね」(P107)


この名言は重く響く。
人生という旅で、みんなが行っている場所に行っていないことがけっこうあるのである。
しかし、その反面、ほとんどの人が行っていない場所に足を運んでいるけれど。
人生と言う旅を目的地で考えたらみなみなひとり残らず「死」がゴールである。
ならば、人生はみんなおなじなのか?
いや、そうではない。ゴール(死)までの道のりが違う。
場所にこだわってはならないのだろう。どこに行ったかではない。どういう旅をしたか。
どれだけ喜び、悲しんだか。どのくらい感動したか。

「人生の持ち時間は限られている。
その中で、時間を忘れるほどの陶酔をどれほど多く持ったかで、
人生の価値が決まるような気がする」(P58)


COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3036-8034131d

東京出身はマイペース? 西の恋愛と東の恋愛  恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~  2012/07/25 13:03
筆者は、東京出身の東京育ちである。大都会に住んでるとやはりしてみないと見えないこともある。筆者も筆者の周りの友人も東京出身が多いのだが、筆者は東京出身の男と付き合うことが少ない。そこで関西出身者...