FC2ブログ

「あるがままに生きよ」

「あるがままに生きよ」(ひろさちや/ぶんか社文庫)

→やたら誤植が多い本なのだが、いいかげんなひろさちやさんらしくていい。
ひろ氏は著者で禁煙成功自慢をよくする。
本書で知ったが禁煙したきっかけは、危うく子どもを殺しそうになったらしい。
友人の家でマージャンをしていた。タバコを吸うのはひろさんだけだった。
灰皿に山と積まれた吸殻を目を放した隙にその家の小さな子が口に入れてしまったという。
救急車で運ばれて、一命は取りとめたとのこと。
ほんと人生ってなにが起こるかわからんよね。
もし死んでいたら罪悪感で一生苦しんでいたのだから。

自宅にタンス預金していた1億7千万円を泥棒に盗まれたのはひろ先生の勲章。
受賞歴ゼロの売れっ子ライターひろさちや先生にも勲章があった!
1億7千万円の盗難被害か~。なんかマヌケで笑える(ごめんなさい)。
でも、本人はそうとう深刻だったのかも。
いやいや、きっと氏にとっては宗教観を深める最高の機会になったのではないかと思う。
まあ、友人の子どもを死なせちゃうよりは1億7千万円盗まれるほうがいい(のかな?)。
しかし、1億7千万盗まれない代わりに、うっかり子どもを死なせちゃう人生もあるわけだ。
問題は、どっちの人生がいいか人間には選べないということ。
もしそっちの子を死なす人生だったら、
老齢になってからひろ先生は「あるがままに生きよ」といえていただろうか。
ともあれ、幸運な人である。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3010-05c2a20d