FC2ブログ

「まつら長者」

「まつら長者」(室木弥太郎・校注/「説経集」新潮日本古典集成)

→まったく本当に説経節は怖いくらい被差別者の怨念に満ち満ちている。
ギリシア悲劇の描くのが運命なら、日本の説経節は宿命をうたいあげる。
らい者、不具者、狂人、極貧奴婢、自殺者、売女らによる呻(うめ)きの結晶が説経節だ。
「かるかや」は、発狂して乞食坊主になったものの弁明である。
「さんせう大夫」は、奴婢の主人への逆差別である。
「しんとく丸」は、らい者こそ美しいという逆説に満ちた革命歌ではないか。
「をぐり」において、目耳口のすべてが閉ざされているものが実は英雄なのである。
「あいごの若」では呪われた自殺者たちが高らかに肯定される。

さて、「まつら長者」で美に昇華される対象は売女(ばいた)ではないか。
もちろん、日夜身体を売る汚く賤しい淫売がそのまま描かれるわけではない。
さよ姫は穢(けが)れを知らぬ美しい16歳の少女である。
もとは長者(金持)の娘であったが、父が3歳のときに死んだため、家は困窮している。
どうしてさよ姫が身を売るのかといえば、父の十三回忌のためである。
人買いに金をもらうと、道で拾ったと嘘をついて母に渡す親孝行なさよ姫であった。
のちに真相を知った母親が発狂するところが実にいい。
狂うというのは、穢れが多いが同時にどこか人間ならではの光輝も感じさせるものだ。
母(御台所)はさよ姫と別れてきた。

「いたはしやお御台は、泣く泣く屋形に帰らるる、心の内こそ哀れなり。
持仏堂に参りたまひて、口説きごとこそ哀れなり。
「あら情けなき次第やな。けふはみつ、あすより後の恋しさを、
だれやの者を頼みつつ、さよ姫と名付けつつ慰まぬ」。
ただ世の常のことならねば、心狂気とおなりあり、
屋形の内にもたまらずして、狂ひ狂ひもお出である。
「あらさよ姫恋しや」と、つひに両眼泣きつぶし、奈良の都を迷ひ出で、
かなたこなたと迷はるる、御台所の成れの果て、哀れと問はん人もなし」(P361)


母と別れた孝行娘のさよ姫は人買いと彼の故郷に向かうのだが、
ここの「道行(みちゆき)」はおそらく説経節最長ではないか。読むのに苦労した。
実際はけっこう飛ばし飛ばしやっていたのではないかと思われる。
さて、なぜ商人はさよ姫を買ったのか。故郷にはおかしな風習があったからである。
大蛇の出る池がある。
1年に1回、見目良き姫を大蛇に御供として差し出さなければならない。
今年は男の家がその当番である。だから、人買いに都まで行ったのだ。
さよ姫が生贄としてまつられるシーンはなかなかグロテスクだ。
生娘が蛇に食われるところを見ようと、村民が総出で現われるのである。
人間とは、なんと残酷なものか。
人は穢れを通して非日常や祝祭に通じているのかもしれない。
ふだんは忌み嫌っている穢れ(狂気、不具、淫欲、死)を歓迎するときがあるのだ。
穢多の美少女ほど野郎共の劣情をそそる対象はないのかもしれない。
穢多の美少年などかえって神々しさすら感じるではないか。

さて、さよ姫が人柱になっているのに大蛇は現われない。
がっかりして帰っていく見物客たちであった(……すげえ)。
さよ姫がひとりになるとようやく大蛇が現われる。
父の形見の法華経をさよ姫はとなえる。すると大蛇のうろこが取れ始める。
婦人の姿になった大蛇はさよ姫に因縁話を始める。
実は自分も千年前、急流の川に橋をかけるとき、人柱になったというのである。
そのとき強く恨んだので大蛇になったという。
人間に戻してくれたお礼にと大蛇はさよ姫に「如意宝珠の玉」を贈る。
都に戻ったさよ姫は、盲人乞食の姿の母親と再会する。
蛇にもらった玉を使うと母の目がふたたび見えるようになる。
それからは財産にも恵まれてさよ姫は幸せな人生を送ったという。

これは売女のかなわぬ、しかしどうしてもかなっていなければならなかった夢である。
実際は穢れなき生娘も夜ごと野郎の淫欲に弄ばれ大蛇になっていくのである。
しかし、大蛇も「如意宝珠の玉」を決して手放さなかった。
この輝く玉が「まつら長者」という物語になるのだと思われる。
唐突におかしな断言をするが「源氏物語」など日本文学でもなんでもない。
大半の日本人が読めないインテリのための難解な物語が
国民文学であるはずがないではないか。
国民のほとんどが「源氏物語」など共有していないのである。
しかし、説経節を見よ。被差別者の呻きを聴け。
この虐げられた物語は、加害者である我われの物語にもなっているのである。
血縁をたどればどの家も穢れに通じているはずである。
我われは加害者であると同時に被害者でもあるのだろう。
わたしはおのれの穢れを強く意識しながら、このたび説経節を読了したしだいだ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/3007-1d725ebd