FC2ブログ

「医薬品クライシス」

「医薬品クライシス」(佐藤健太郎/新潮新書)

→元製薬メーカー勤務のサイエンスライターの筆なる本書はとてもわかりやすい。
わずか2時間そこそこで業界の裏事情を知ることができるのだから、
たとえこの本を定価で買っていても安いものである。
セミナーが好きな貧乏人はもっと各出版社の新書を有効利用すべきだと思う。
新書はセミナーよりはるかに安い価格で、その数倍の情報を与えてくれるはずである。
以下に本書から知りえた有益な情報を引用ではなく要約する。
みなさんは無料で物知りになれるのだから、ほんとよかったですね。

・製薬メーカーの研究所に勤めている人は高学歴ばかりでたいへん知能も高いが、
それでもその大半は一生新薬を開発できないで終わる。
・それほど新薬開発はギャンブル性が高い。99.9%は失敗する。
そのぶん開発が成功したらものすごい利益が生じる。
とはいえ、開発者は報われない。
売り上げ4千億円の新薬開発者が会社からもらった報奨金は1万5千円だった。
・大ヒットした新薬はほとんどまぐれ当たりのようなもの。
・現代の医学でさえ百年後から見たら呪術やオカルトになってしまうだろう。
・薬の効き目は個人差がかなり強い。だれにでも効く薬はない。
・臨床試験の段階で1/4にしか効能が見られない薬でも商品化される。
患者半分に効く薬でも相当に立派なものなのである。
・以前のマスコミによるタミフル批判は異常。
服用者の全体数を考えたら、薬害は飛行機事故に遭遇するより低い確率である。
リスクがゼロの薬はないと思ってよい。
・健康保険がうまく機能していないアメリカでは一度病気になっただけで、
貧困層にまで転落してしまうことがある。
・旧時代の開発者はオカルトのような非効率的作業で新薬を次々に開発していた。
・いまは研究者がサラリーマン化してこだわりがなくなったため、
新薬開発がうまくいかないという意見もある。
・やはり狂気に近い職人的信念がないと新薬開発には至らない。

感想。日本の医療事情は世界的にも最高レベルではないかと思った。
とくに国民皆保険というのはすばらしい。
いつか高所得者になったら高い保険料でもしっかり払おうと決意する。
でも、80歳を超えた老人に最先端の手術や投薬をする必要ってある?
とりあえずの結論は、製薬会社研究者のみなさん、ご苦労様です。ありがとよ♪

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2997-162dd913

麻雀にツキとか流れとか言い出す奴なんなの?そんなオカルトありえません  ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】  2012/05/12 21:02
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/12(土) 15:42:14.13 ID:b1dinuSz0 ?PLT(12000) ポイント特典 客に賭けマージャンさせる 容疑でチェーン店社長ら逮捕 京都客に賭けマージャン...