FC2ブログ

「声の力」

「声の力」(河合隼雄・阪田寛夫・谷川俊太郎・池田直樹/岩波書店)

→2001年に小樽市市民会館で行われたセミナーを収録したもの。
ほんとはさ、こうしなきゃいけないという情報に耳を貸す必要はないんだろうな。
出世のためにはこうしなければならない。
健康のためにはこうしなければならない。
ほかにもあまたある「こう生きるべき」という赤の他人からの助言は気にしないほうがいい。
(家族、友人、恋人からの助言は人生を豊かにすると思うけれど)
そういうさも正しげな他人からの情報を無視するところに生きる味わいがあるのだと思う。
「人間一般の味わい」ではなく「私の味わい」のことである。
つくづく思うのは、人生は一回きりなのだ。やりなおしはきかない。
うまくいく確率の高いほうへ人生を賭けても失敗することはある。
しかし、人生は、そういうことならもう一度賭けなおしましょうというわけにはいかない。
いくら高確率でうまくいくとされる人生の選択肢があったとしても、
あなたやわたしの一回きりの人生でそのとおりになるとは限らないのである。
どんな確率の低い賭けだとしても一回きりならうまくいってしまうこともあるのだ。
熱心にガン検診を受けていたという大御所脚本家が末期ガンでポックリ逝ってしまったが、
人生とはそういうものなのである。
(しんどい闘病のない、ころり往生は最高の幸福だとわたしなどは思うが)

河合隼雄先生のお言葉から――。

「最後に申し上げたいのは、私は先ほども谷川(俊太郎)さんに言われたように、
歌よりも語りのほうで、語り屋さんなんですが、
だからそういう意味で物語というのが大好きで、このごろよく言っていますことは、
自分が生きているということは、自分の人生の物語を生きているんだ。
これは私が主人公で、世界に一つしかない。
しかも過去にもなかったし、未来にもないだろう。
唯一の物語というもの、「河合隼雄の物語」という物語を僕が生きているんだと思うと、
なかなか面白くなってくるんですが、そのときに物語るだけではなくて、
私の人生を語るということのほかに、私の人生を歌う、
実際そういえば、人生を謳歌するなどという表現もあるのですが、
自分の人生ということを語るだけではなくて、
歌うということも考えてみれば面白いのではないか」(P42)


当方、カラオケは嫌いだが、口笛を吹くのはむかしから好きである。
きっと人生で苦しいときは悲しい歌を口笛でピーピー吹いていたらいいのだろう。
そのとき、ほかにない「私の人生」の味わいをしみじみ深く感じ取ることができる。
順風満帆な人生を送っているものには決して奏でられない曲があるのだろう。
「こうすべき」という出世情報、健康情報はしょせん「人の人生」のこと。
なるべくなら「人の人生」よりも「私の人生」を生きたほうがおもしろいはずである。
そう、おもしろい人生はいい。一回きりの人生ならおもしろいほうがよろしい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2989-34a05e1d

女性が絶対に恋人には選ばない「NGな男性のタイプ」10個【後編】  恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~  2012/06/17 05:01
前回の記事では、女性が嫌いな男性のタイプ10個のうち、まずは5つをお届けしました。それでは、引き続き5つを見ていきましょう。今回は、6:つまらない、7:友達のほうを優先する、8:口げんかが多い、9:他の...