FC2ブログ

パラ読みの魅力

速読、熟読、精読、立ち読み、積ん読といろいろな読書法があるけれども、
このところ価値を発見したのはパラ読みである。
何気なく手に取った本をパラパラ読んでみる。
これは時間に追われている忙しいビジネスパーソンにもおすすめの読書法だ。
人間の記憶力なんざ大したことがないのだから、
一度読んだ本でもすぐに忘れてしまうのである。
このためパラ読みするといい。
すでに一度読んだ本だから気負わずに文章と向き合うことができる。
そのうえ、なぜか偶然開いたページにオオということが書いてあるのである。
これはもうふしぎとしかいいようがないくらい、偶然がうまく働いてくれる。
なんとなく目についた既読本をパラパラめくるだけである。
かなりの確率で、アアと思う一文にめぐりあうのではないかと思う。

実はこのテクニックは未読本にも使えるのだ。
またの名を立ち読みともいうのだが、買おうか迷った本をパラパラめくるといい。
そのとき、ふしぎと該当書籍のキモとなる部分に目がいくはずだ。
意外と人間の直感というのはすぐれているのだろう。
パラ読みをすることで直感がその書籍の勘所を見破ってくれるのである。
結局、購入して通読しても、
いちばん影響を受けたのはパラ読み箇所だったということも大いにありうる。
フィクションの本でやったことはないが、実験してみたらおもしろいのかもしれない。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2892-05b087c3