FC2ブログ

「映画の昭和雑貨店」

「映画の昭和雑貨店」(川本三郎/「Shotor Library」小学館)

→古い日本映画を懐かしみながらあたたかく紹介する。
写真と雑文がちょうど半分ずつ入っている感じで、
どちらかに偏らないところがとてもいい本だった。
無学なので知らなかったが、
なんでも昭和20年代、30年代が日本映画の黄金時代らしく(P80)、
本書でも白黒映画の名作が「引揚者」「下駄」「色街」「女の酒」「銭湯」
といったテーマごとにまとめられ、写真とともに簡潔に紹介されている。
今年に入ってから昭和映画の名作シナリオをちょいちょい読んでいるわたしには、
まさしく関心ど真ん中の書籍である。
感想は、思ったよりもはるかに女優が美しいので驚く。

これは認めたくないのだが、もしや映画は美少女のためのものではないか。
たとえば黒澤明の「酔いどれ天使」はシナリオで読んだことがある。
登場する肺病の女子高生役、久我美子はこのたびはじめて顔を見た。
うーん、胸キュン! まさかこんな美少女とは思ってもいなかった。
この子が映画の冒頭とラストに出てくるのなら、シナリオなど問題ではないとさえ思った。

これを繰り返すと、おそらく際限がなくなるのだろうが、あとひとつだけ。
木下恵介監督の「日本の悲劇」はシナリオから見るかぎり、
そこまでの傑作ではないような気がする(ごめんなさい、素人判断ですよ)。
しかし、本書に掲載されている美少女の桂木洋子を見たら文句をつける気がなくなった。
この子のレイプシーンのある映画なら前後のストーリーなど、どうでもいいではないか。
美少女は見ているだけで楽しい。これはわたしが男性だからなのだろう。
ならば女性も、おなじように美男子を見ているだけで楽しいのではないか。
映画の愉楽とはもしや美男美女の鑑賞によるところがいちばんなのではないかしら。

本書で川本三郎氏は、ことさらストーリー以外の魅力に饒舌であった。
こんな映画の見方があるのかと教えられた部分も多い。
優等生的な感想だが、いろいろ考えさせられ、たいへん有意義な読書であった。
美少女は映画のために、しっかり守ろう、育てよう、愛そうと思う。
美しいものを描くのが映画であるならば、
声色(セリフ)よりも重要なものは数限りなくあるのだろう。
美しいものを舐めてはならない。これをこの記事のつたない結論にしたい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2880-3680b221