FC2ブログ

「キクとイサム」

「キクとイサム」(水木洋子/「シナリオ」2010年9月号/シナリオ作家協会)

→映画シナリオ。昭和34年度キネマ旬報ベストワン作品。
いつから左翼であることがプラスからマイナスに転換したのだろう。
水木洋子脚本をよく映画化する監督の今井正は堂々とした左翼であった(共産党員)。
この女性脚本家も根底にあるのは左翼的な価値観のようである。
貧乏ながら必死に生活する庶民は美しい。
それから戦争反対に差別反対の正義ぶりっこ。弱者礼賛もそう。
田舎のお百姓さんは知識こそないが本当の人間の生き方を実践していて美しい。

こういう左翼的ないささかゆがんだ価値観がいつからプラスではなくなったのだろう。
というのも、占領軍時代の黒人との混血児問題を描いた「キクとイサム」が評価されたのは、
シナリオの出来のみによってではなく、左翼への好意的な風潮も後押ししたからだと思う。
ホンだけを見たら悪くはないが、そこまでいいかと思うのもまた事実なのである。
黒人とのハーフである少年少女が苦難にもめげずスクリーン上で明るくふるまうのは、
観客の左翼的(えせ)正義感をたいそう甘く刺激したのではないか。
またそれがこの作品の高評価にもつながったと思うのだ。
おそらく左翼と貧乏はとても相性がいいのだろう。
逆にいえば貧乏でなければ、人はなかなか左翼的連帯感を持つことができない。
さらにいえば、貧乏を共有することで人と人がつながっていたいい時代があった。
結論づけると、時代風潮と持ち前の左翼的美感が適合したことにより、
水木洋子はいわば時流に乗るようなかたちで女性脚本家の草分けとなった。

さて、いま貧困、貧困と叫ばれているが、水木洋子のような作風は再評価されるのか。
否ではないかと思う。なぜなら貧乏と貧困は違うというのが理由になろう。
むかしは国民全体で貧乏を共有していたが、貧困はそうではない。
もうとっくに国民はバラバラになってしまったのだろう。
手垢のついた言葉でまとめるのはどうかとも思うが、
それがいま我われの生きている格差社会なのではないだろうか。
現代社会において貧困は共有するものではなく、むしろ蔑視や不安視の対象となる。
かつてこの国には貧乏を共有することで国民がみな映画館で感動できた時代があった。
その美しい貧乏映画のシナリオを書いたのが唯一無二の脚本家・水木洋子であった。

COMMENT

- URL @
11/24 12:36
. commentコメントするに値しないが、もう少し素直な表現をするほうが読みやすい。私の友人にもこんな言い方をする人はかなりいます。感動しにくい、ひねくれた表現をわざわざしてるようですね。年を取りつつある団塊一期生。田舎の中学の時、学校から見に行きました。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2876-b948c52a