FC2ブログ

「仏の道 絹の道」

「仏の道 絹の道」(山崎脩/京都書院アーツコレクション)絶版

→文庫版の写真集。「仏の道 絹の道」とはご存知、シルクロードのこと。
むかしはシルクロードを旅するとなったら命がけであった。
しかし、いまなら飛行機でひとっ飛び。
金がないならば、わたしのように鉄道やバスで行けてしまう。
1千年まえに人がシルクロードの風物に接したときの感動はいかほどであったか。
現代はパックツアーでだれもがかんたんに行くことができるが、
見る風景はかつて写真でなじんだものばかりではないか(たとえば、この本)。
写真がないとき、旅や放浪、物見遊山はどれほど魅力的だったか。
カメラはともかく、せめてインターネットがない時代に戻れたら。
わたしのように現物よりも写真のほうがいいと言うものさえ現われる時代である。
いまや未知の世界は「死」のみなのかもしれない。
シルクロードからは帰ってこられるが、死出の旅路はいったん歩を進めたら引き返せない。
神秘的なものが求められている時代なのだろう。
いまやすべてがあからさまになってしまった、とも言いうる。
ふと写真家の気持になる。
なにもかもさらされてしまった現代、
彼(女)はいまさらなにを暴こうとしているのだろう?

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2871-bd9168b1