FC2ブログ

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(鴨志田穣/講談社文庫)

→裏表紙の紹介によると、「笑って泣ける私小説」だそうだ。
アル中で精神病院に入院してガンの告知を受けるまでを描く。
たしかにウソを書いているから私小説なのだろうが、あまり感心する類の虚構ではない。
自分をよく書き過ぎているのである。自分を過剰にいい人のようにデフォルメしている。
しかしまあ、こういった方向のウソを書かなければならなかったカモちゃんの気持はわかる。
アル中でDVまでした本当の自分のひどさを正直に書いてしまったら、
おそらく自我が崩壊して廃人なってしまうのだろうから。
アル中というのは、酒をのんで泥酔したあげく失敗する。
目が覚めたらその記憶を思い出したくないからまた酒をのんで失敗する。
これを人の迷惑をかえりみず朝昼晩と絶え間なくえんえんと繰り返す。
ダメなのはわかっちゃいるけれどやめられないのが、
カモちゃんのような重度のアル中患者の特徴だ。
この小説の主人公は冷静に自分の病気と向き合っていて好ましいが、
おそらく実際のカモちゃんはまるで違ったことだろう。
勝手な推測だが、鴨志田穣の実像は、
日本文学史上のどの私小説作家よりもひどかったのではないだろうか。
現代のシンデレラボーイ、
芥川賞作家の西村賢太氏など目じゃない極悪人ぶりをやらかしたと思う。
そうなってしまうと反対に、
今度は自分を冷静な善人のように私小説を仕立て上げるのである。
人間の善悪と書くものの関係は、おそらくそういうふうになっているのだろう。

先月、自己新記録になる2週間の禁酒をしたのだが、その最後の晩に本書を読了した。
たぶんこの小説をどこかの新人賞に出したら鼻にも引っかけられないだろう。
だが、元妻の影響力により、文庫化どころか映画化までされてしまうのである。
抗議したいのではなく、商業出版とはそういうものなのだ。
もしなんでもいいから作家にあこがれるのなら、
いい文章を書く修行をするより、自分にハクをつける工夫をするべきではないか。
要は少しばかり世の中を騒がせればいいのだが、常識人にはこれが難しいのだろう。
デタラメとハッタリを振りかざしながら作家・鴨志田穣はよくやったと思う。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2853-70f509e2