共感バカ

アメリカドルよりも信用できないのはアマゾンのレビューではないか(書籍)。
ブログに読書感想文を書くため読むこともなくはないが、あれはひどすぎる。
わけのわからないのが「共感する」というレビュアー様の行為である。
内容に共感できたから星いくつ、
共感できなかったから星いくつという愚論がなんと多いことか。
あのさ、どうしてそんなに共感したいの? と言いたくなる。
読んでいてムカムカするような本とか、
かえってこちらのくだらぬ常識を否定されているようでいいと思うけどな。
本の評価は「面白い/退屈だ」しかないのではないか。
なかには「正しい/間違え」で判断する学者先生もいるかもしれないが。
少なくとも本は「共感できた/共感できなかった」で価値判断するものではない。
どうしてあんなに共感にこだわるバカがアマゾンには多いのだろう。
有名人がうっかりこんなことを書いたら「共感できない」と袋叩きに遭うはずである。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2762-81f22ab1