買わないで!

マーケティング方法のひとつに禁止があるらしい。
広告であえて買わないでということで買わせようとする商人の知恵のことです。
これを意識してか、たまにブログでも「読まないで」と宣伝文に書いてあるところがあります。
バーカ、なら読まねーよとひねくれたこちらは思う(ごめんなさい、実際本当に読みません)。
きっとみなさんもそうだと信じて言っちゃいます。
ブックオフオンラインでは買わないでください。
あまりにも安すぎます。
注文は3回目ですが、(初回は遅かったけれど)あまりにも注文してから来るのが早すぎます。
商品の状態も概していい。ほとんど新品同様。
みながみなブックオフオンラインを使ったら出版社や書店は潰れてしまう。
だから、みなさん、ネットのブックオフはスルーしてください。
(ええと、ひねくれた読者はマーケティング理論に逆らうはずですから……)
命令をされると消費者は反抗すると思っている宣伝者の逆を行くのが我われ(苦笑)。
それって命令に従うことじゃん? はい、そうなんです。
ブックオフオンラインから買わないのが(たぶん)正しい(のかどうか……)。

「人の心がつくりだすもの」(河合隼雄) ¥300
「心理療法入門 」(河合隼雄) ¥300
「未来への記憶(上)(下)」(河合隼雄) ¥500
「悩むなら美しく悩みなさい」(ひろさちや) ¥100
「捨てちゃえ、捨てちゃえ」(ひろさちや) ¥200
「けちのすすめ 仏教が教える少欲知足 」(ひろさちや) ¥250
「お念仏とは何か」(ひろさちや) ¥350
「クヨクヨ気分が晴れる本 こころがすっと楽になる9つの扉」(ひろさちや) ¥100
「ロマンティックな狂気は存在するか」(春日武彦) \100
「おふくろの夜回り」(三浦哲郎) ¥150


計11冊で2350円。
購入を決めたのは、どうしてかいちばん下の三浦哲郎氏の随筆集です。
こういう心理はぜったいにマーケティングからは理解されないと思う。

またもう、ひろさちやばかりヒロポンのように……と思われるかもしれません。
みなさんはどうしていかがわしい人間の面白味を理解しないのでしょう。
ひろ先生はこういう人物なんですよ↓

http://www.u-canshop.jp/hirosachiya/?cid=ovt170224

インチキ臭いでしょう。ええ、胡散臭いですとも。そこがいいのですよ。
こちらはリンクを張りませんが、もしひろ氏の講演会の写真をご覧になったら……
ごめんなさい、聴衆はいかにも負け組の老いぼればかり(本当にたいへん失礼!)。
先行きのない老人でさえ救う(騙す)教えなのだから、
まだ彼(女)らに比べたら若いわたしへの効き目といったらありません!
こんかいこれだけひろさちや(ヒロポン)を入荷しましたから、
とうぶんはかなりの不運に耐えられるはず!

(追記)書いていないだけで、古書市や古本祭にはかなり行っております。
みなさまに運よくお逢いできましたらこんな幸いはありません。
当方パンダの着ぐるみをまとっておりますので、よろしければお声をかけてください(嘘)。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/2761-2377a2d2